氏名

キリムラ コウタロウ

桐村 光太郎

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0030095/)

所属

(先進理工学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
kkohtaro@waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒169-8555新宿区 大久保3-4-1 
電話番号
03-5286-3208
fax番号
03-3232-3889

URL等

WebページURL

http://www.appchem.waseda.ac.jp/fm-jp/KIRIMU-J.HTM

研究者番号
90195412

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院先進理工学研究科)

学内研究所等

理工学総合研究センター

兼任研究員 1989年-2006年

実践的ナノ化学G

研究所員 2007年-2011年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2006年-2018年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

学歴・学位

学歴

-1983年 早稲田大学 理工学部 応用化学科
-1988年 早稲田大学 理工学研究科 応用化学

学位

工学博士 課程 早稲田大学

工学修士 課程 早稲田大学

経歴

1987年-1989年早稲田大学理工学部 助手
1989年-1992年早稲田大学理工学部 専任講師
1992年-2000年早稲田大学理工学部 助教授
2000年-2009年早稲田大学理工学部 教授

所属学協会

日本化学会 バイオテクノロジー部会幹事

日本化学会 化学普及書企画小委員会委員

日本化学会 「化学と工業」編集幹事

日本生物工学会 評議員

日本農芸化学会

極限環境微生物学会

バイオインダストリー協会

研究分野

キーワード

応用生物化学,グリーンバイオテクノロジー,酵素バイオテクノロジー,微生物バイオテクノロジー,発酵生産,極限環境微生物,バイオプロセス、生体触媒工学、生物機能工学、バイオテクノロジー、酵素化学、物質生産、代謝工学、グリーンバイオテクノロジー、発酵工学、生体分子工学、バイオ変換工学、極限微生物利用学

科研費分類

工学 / プロセス・化学工学 / 生物機能・バイオプロセス

化学 / 複合化学 / 生体関連化学

農学 / 農芸化学 / 応用生物化学

共同研究希望テーマ

有用物質生産のための酵素利用技術の開発

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:受託研究、共同研究

グリーンバイオテクノロジー

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:受託研究、共同研究

バイオマス利用のためのバイオテクノロジー

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:受託研究、共同研究

クエン酸などの有機酸生産に関する糸状菌(カビ)のバイオテクノロジー

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:受託研究、共同研究

研究シーズ

クエン酸濃度の迅速測定法

シーズ分野:ライフサイエンス

研究テーマ履歴

1988年-クエン酸などの有用物質生産を目的とした糸状菌の遺伝子工学と分子育種

研究テーマのキーワード:糸状菌(カビ),遺伝子工学,育種,クエン酸,有機酸

個人研究

1990年-酵素を利用した立体選択的な反応による有用物質生産

研究テーマのキーワード:酵素,微生物機能,立体選択的反応,配糖体,物質変換,グリーンバイオテクノロジー

個人研究

1990年-極限環境微生物の機能を応用した環境調和型バイオプロセスの開発

研究テーマのキーワード:グリーンバイオテクノロジー,極限環境微生物,バイオプロセス,環境調和型化学技術,バイオマス利用

個人研究

:グリーンバイオテクノロジー(環境調和型生物化学技術)の展開

個人研究

:遺伝子工学と代謝工学を利用した有用微生物の育種と機能開発

個人研究

:生体触媒(微生物酵素や微生物機能)を利用した立体選択的反応の開発と有用物質生産への応用

個人研究

:微生物を利用した新規創造技術の開発(とくにバイオ脱硫やバイオレメデイエーション、バイオマス有効利用技術の開発)

個人研究

:極限環境微生物の探索と利用技術の開発

個人研究

論文

Decrease of citric acid produced by Aspergillus nigerthrough disruption of the gene encoding a putative mitochondrial citrarte-oxoglutarate shuttle protein

Kohtaro Kirimura, Keiichi Kobayashi and Isato Yoshioka

Bioscience, Biotechnology, and Biochemistryp.1 - 9

DOI

Purification, characterization and gene identification of a α-Neoagarooligosaccharide hydrolase from an alkaliphilic bacterium

Teruhiko Watanabe, Kana Kashimura, Kohtaro Kirimura

Journal of Molecular Catalysis B:Enzymatic133p.S328 - S3362017年-2017年

DOI

Expanding Substrate Specificity of Salicylate Decarboxylase by Site-directed Mutagenesis for Expansion of the Entrance Region Connecting to the Substrate Access Tunnel

Kohtaro Kirimura, Masahiro Araki, Mana Ishihara, and Yoshitaka Ishii

Chemistry Letters48(1)p.58 - 612019年01月-

DOI

シアン非感受性呼吸系酵素遺伝子とオキサロ酢酸加水分解酵素遺伝子を高発現させたAspergillus nigerによるシュウ酸生産

吉岡 育哲、小林 慶一、桐村 光太郎

日本農芸化学会2018年度大会(名古屋)講演要旨集2A07a142018年03月-2018年03月 

詳細

ISSN:2186-7976

Pseudomonas属細菌のABC輸送体基質結合タンパクと推定されていた新規なアコニット酸イソメラーゼの発見

平磯 一輝;滝口 有沙;丸海老 純也;桐村 光太郎

第69回日本生物工学会大会(東京) 講演要旨集p.p.274 4P-G0082017年08月-2017年08月 

Xanthomonas campestrisWU-9701由来α-グルコース転移酵素を用いたethyl α-D-glicopyranoside の選択的な高収量生産

恩田 陸;中里 美穂;桐村 光太郎

第69回日本生物工学会大会(東京) 講演要旨集p.p.274 4P-G0092017年08月-2017年08月 

糸状菌Aspergillus nigerにおけるalternative oxidase遺伝子高発現によるシュウ酸生産速度の向上

吉岡 育哲;小林 慶一;桐村光太郎

第69回日本生物工学会大会(東京) 講演要旨集p.p. 287 4P-G0622017年08月-2017年08月 

Genome Sequence of Aspergillus Iuchuensis NBRC4314

Osamu Yamada,・・・,Kohtaro Kirimura,・・・Katsuya Gomi

DNA Research23(6)p.507 - 5152016年09月-

DOI

糸状菌Aspergillus niger有機酸輸送体遺伝子破壊株によるシュウ酸生産

吉岡 育哲;上田 由佳;小林 慶一;桐村 光太郎

第68回日本生物工学会大会(富山) 講演要旨集p.3P-1a0752016年08月-

好アルカリ性細菌Cellvibrio sp. WU-0601由来ネオアガロビオース加水分解酵素の酵素的特徴

渡辺 輝彦;樫村 佳奈;桐村 光太郎

第68回日本生物工学会大会(富山) 講演要旨集p.3P-1p0562016年08月-

Aspergillus niger NRRL 328由来Ⅲ型ポリケタイド合成酵素の機能解析

丸海老 純也;渡邉 昭太郎;小林 慶一;桐村 光太郎

第68回日本生物工学会大会(富山) 講演要旨集p.3P-1p0572016年08月-

Draft Genome Sequence of Burkholderia stabilis LA20W, a Trehalose Producer That Uses Levulinic Acid as a Substrate

Yusa Sato, Hideaki Koike, Susumu Kondo, Tomoyuki Hori, Manabu Kanno, Nobutada Kimura, Tomotake Morita, Kohtaro Kirimura, Hiroshi Habe

Genome Announcements4(4)p.e00795-162016年07月-2016年08月 

Phenotypes of Gene Disruptants in Relation to a Putative Mitochondrial Malate-Citrate Shuttle Protein in Citric Acid-Producing Aspergillus niger

Kohtrao Kirimura, Keiichi Kobayashi, Yuka Ueda, Takasumi Hattori

Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry80(9)p.1737 - 17462016年04月-

DOI

Heterologous Gene Expression and Functional Analysis of a Type III Polyketide Synthase from Aspergillus niger NRRL 328

Kohtaro Kirimura, Shotaro Watanabe, Keiichi Kobayashi

Biochemical and Biophysical Research Communications473(4)p.1106 - 11102016年04月-

Bioproduction ofTrans-Aconitic Acid from Citric Acid by Whole-Cell Reaction of Escherichia coli Heterologously Expressing the Aconitate Isomerase Gene from Pseudomonas sp.WU-0701

Keiichi Kobayashi, Junya Maruebi, Kohtaro Kirimura

Chemistry Select1(7)p.1467 - 14712016年04月-

DOI

非海洋性細菌由来ネオアガロビオース加水分解酵素の諸性質検討と遺伝子解析

樫村 佳奈;渡辺 輝彦;小林 慶一;桐村 光太郎

日本農芸化学会2016年度大会(札幌)講演要旨集4D0072016年03月-

クエン酸生産糸状菌Aspergillus nigerにおけるミトコンドリア膜局在型クエン酸輸送体遺伝子破壊株の作成

小林 慶一;上田 由佳;桐村 光太郎

日本農芸化学会2016年度大会(札幌)講演要旨集4F1202016年03月-

アコニット酸イソメラーゼ遺伝子を異種発現させた組換え大腸菌の細胞反応によるクエン酸からのtrans-アコニット酸生産

丸海老 純也;油原 かほり;小林 慶一;桐村 光太郎

日本農芸化学会2016年度大会(札幌)講演要旨集4F1822016年03月-

Circulary Permuted Fluorescent Protein-Based Indicators for Citrate

Yuki Honda, Kohtaro Kirimura

2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015,Honolulu, Hawaii, USA) AbstractPoster No.2872015年12月-

trans-Aconitic Acid from Citric Acid by Whole-Cell Reactions of Escherichia coli Heterologously Expressing Aconitate Isomerase Gene (ais)

Keiichi Kobayashi, Kahori Yuhara, Hiromi Yonehara, Junya Maruebi, Takasumi Hattori, Kohtaro Kirimura

2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015,Honolulu, Hawaii, USA) AbstractPoster No.8622015年12月-

Enzymatic Characterization and Gene Identification of Aconitate Isomerase, an Enzyme Involved in Assimilation of trans-Aconitic Acid, from Pseudomonas sp. WU-0701

Kahori Yuhara, Hiromi Yonehara, Takasumi Hattori, Keiichi Kobayashi, Kohtaro Kirimura

FEBS Journal282(22)p.4257 - 42672015年11月-

DOI

可逆的サリチル酸脱炭酸酵素の改変と酵素的Kolbe-Schmitt反応によるメチルサリチル酸生産

熊倉 匠;桐村 光太郎

第5回CSJ化学フェスタ2015(東京)講演要旨集P8-0612015年09月-

クエン酸生産糸状菌Aspergillus nigerにおけるクエン酸輸送体遺伝子の機能解析

小林 慶一;上田 由佳;桐村 光太郎

第67回日本生物工学会大会(鹿児島)講演要旨集3P-0842015年09月-2015年09月 

CiNii

Pseudomonas sp. WU-0701由来アコニット酸イソメラーゼの諸性質検討と遺伝子の同定

丸海老 純也;油原 かほり;小林 慶一;桐村 光太郎

第67回日本生物工学会大会(鹿児島)講演要旨集1P-0342015年09月-2015年09月 

CiNii

好アルカリ性細菌Cellvibrio sp. WU-0601由来ネオアガロビオース加水分解酵素の酵素的性質の決定と遺伝子の同定

渡辺 輝彦;樫村 佳奈;小林 慶一;桐村 光太郎

第67回日本生物工学会大会(鹿児島)講演要旨集1P-0682015年09月-2015年09月 

CiNii

遺伝子改変によるメチルサリチル酸への活性を示す可逆的サリチル酸脱炭酸酵素の作製

熊倉 匠;秋山 智寛;小林 慶一;桐村 光太郎

第67回日本生物工学会大会(鹿児島)講演要旨集2P-0482015年09月-2015年09月 

CiNii

セルロース由来基幹化学品レブリン酸の微生物変換

羽部 浩;佐藤 俊;森田 友岳;福岡 徳馬;小林 慶一;桐村 光太郎;北本 大

日本農芸化学会2015年度大会(岡山)講演要旨集3B33a132015年03月-2015年03月 

高濃度レブリン酸分解菌の単離と解析

羽部 浩;佐藤 俊;森田 友岳;福岡 徳馬;小林 慶一;桐村 光太郎;北本 大

日本農芸化学会2015年度大会(岡山)講演要旨集3B33a142015年03月-2015年03月 

Bacterial Production of Short-chain Organic Acids and Trehalose from Levulinic Acid: a Potential of Cellulose-Derived Building Block as a Feedstock for Microbial Production

Hiroshi Habe, Shun Sato, Tomotake Morita, Tokuma Fukuoka, Kohtaro Kirimura, Dai Kitamoto

Bioresource Technology177p.381 - 3862015年02月-

DOI

Isolation and Characterization of Bacterial Strains with the Ability to Utilize High Concentrations of Levulinic Acid, a Platform Chemical from Inedible Biomass

Hiroshi Habe, Shun Sato, Tomotake Morita, Tokuma Fukuoka, Kohtaro Kirimura, Dai Kitamoto

Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry79(9)p.1552 - 15552015年01月-

DOI

可逆的脱炭酸酵素を利用した酵素的Kolbe-Schmitt反応による有用芳香族化合物の生産

日本農芸化学会関東支部2014年度第2回例会 講演要旨集p.p. 5 - 82014年11月-

クエン酸生産糸状菌<i>Aspergillus niger</i>におけるクエン酸輸送体遺伝子破壊株の表現型

第66回日本生物工学会大会(札幌) 講演要旨集p.p. 262014年09月-

オキサロ酢酸加水分解酵素遺伝子の高発現による糸状菌<i>Aspergillus niger</i>を利用したシュウ酸の高収率生産

第66回日本生物工学会大会(札幌) 講演要旨集p.p. 542014年09月-

酵母<i>Trichosporon moniliiforme</i>の細胞反応を利用した安息香酸からの<i>p</i>-ヒドロキシ安息香酸の酵素的生産

第66回日本生物工学会大会(札幌) 講演要旨集p.p. 812014年09月-

Overexpression of the NADP(+)-Specific Isocitrate Dehydrogenase Gene (<i>icdA</i>) in Citric Acid-Producing <i>Aspergillus niger</i> WU-2223L

Keiichi Kobayashi, Takasumi Hattori, Rie Hayashi, Kohtaro Kirimura

Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry78(7)p.1246 - 12532014年07月-

DOI

Oxalic Acid Production by Citric Acid-Producing <i>Aspergillus niger</i> Overexpressing the Oxaloacetate Hydrolase Gene <i>oahA</i>

Keiichi Kobayashi, Takasumi Hattori, Yuki Honda, Kohtaro Kirimura

Journal of Industrial Microbiology and Biotechnology41(5)p.749 - 7562014年05月-

DOI

酵母<i>Trichoaporon moniliiforme</i>の細胞を生体触媒として利用した安息香酸からの<i>p</i>-ヒドロキシ安息香酸の選択的生産

日本化学会第94春期年会(2014)(名古屋) 講演予稿集3G3-032014年03月-

アコニット酸イソメラーゼ遺伝子を高発現させた組換え大腸菌によるクエン酸からの<i>trans</i>-アコニット酸生産

日本化学会第94春期年会(2014)(名古屋) 講演予稿集3G3-062014年03月-

酵母<i>Trichosporon moniliiforme</i>の細胞反応による安息香酸からの<i>p</i>-ヒドロキシ安息香酸の高収量生産

日本農芸化学会 2014年度大会(東京) 講演要旨集2A10p212014年03月-

クエン酸生産糸状菌<i>Aspergillus niger</i>におけるシアン非感受性呼吸系酵素遺伝子(<i>aox1</i>)の高発現によるクエン酸生産量の向上

日本農芸化学会 2014年度大会(東京) 講演要旨集4A15a162014年03月-

アコニット酸イソメラーゼ遺伝子を高発現させた組換え大腸菌による<i>trans</i>-アコニット酸生産

第65回日本生物工学会大会(広島) 講演要旨集p.p. 282013年08月-

クエン酸インジケータ蛍光タンパク質遺伝子を導入した大腸菌における細胞内クエン酸の検出

第65回日本生物工学会大会(広島) 講演要旨集p.p. 1212013年08月-

クエン酸生産糸状菌<i>Aspergillus niger</i>におけるシアン非感受性呼吸系酵素遺伝子の高発現

第65回日本生物工学会大会(広島) 講演要旨集p.p. 1332013年08月-

Gene Identification and Functional Analysis of Methylcitrate Synthase in Citric Acid-Producing <i>Aspergillus niger</i> WU-2223L

Keiichi Kobayashi, Takasumi Hattori, Yuki Honda, Kohtaro Kirimura

Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry77(7)p.1492 - 14982013年07月-

DOI

<i>l</i>-Menthyl α-Maltoside as a Novel Low-Molecular-Weight Gelator

Kohei Ide, Toshiyuki Sato, Jun Aoi, Hiroyuki Do, Keiichi Kobayashi, Yuki Honda, Kohtaro Kirimura

Chemistry Letters42(6)p.657 - 6592013年06月-

DOI

Generation of Circularly Permuted Fluorescent-Protein-Based Indicators for <i>in Vitro</i> and <i>in Vivo</i> Detection of Citrate

Yuki Honda, Kohtaro Kirimura

PLoS ONE8(5)p.e645972013年05月-

DOI

<i>p</i>-Aminosalicylic Acid Production by Enzymatic Kolbe-Schmitt Reaction Using Salicylic Acid Decarboxylases Improved through Site-Directed Mutagenesis

Saori Ienaga, Sachiyo Kosaka, Yuki Honda, Yoshitaka Ishii, Kohtaro Kirimura

Bulletin of the Chemical Society of Japan86(5)p.628 - 6342013年05月-

DOI

新規低分子ゲル化剤としての<i>l</i>-メントールマルトシドの酵素的合成

日本農芸化学会 2013年度大会(仙台) 講演要旨集2B24a022013年03月-

クエン酸の特異的検出を可能とするインジケータ蛍光タンパク質の創製

日本農芸化学会 2013年度大会(仙台) 講演要旨集3C31a142013年03月-

アコニット酸イソメラーゼ遺伝子を高発現させた大腸菌による<i>trans</i>-アコニット酸生産

日本農芸化学会 2013年度大会(仙台) 講演要旨集4B23a142013年03月-

<i>Pseudomonas</i> sp. WU-0701 由来アコニット酸イソメラーゼをコードする遺伝子の大腸菌における異種発現

日本化学会第93春期年会(2013)(滋賀) 講演予稿集p.p. 8812013年03月-

部位特異的変異による可逆的サリチル酸脱炭酸酵素の改変と<i>p</i>-アミノサリチル酸高収量生産への応用

日本化学会第93春期年会(2013)(滋賀) 講演予稿集p.p. 8822013年03月-

Cross-Linked Protein Complex Exhibiting Asymmetric Oxidation Activities in the Absence of Added Cofactor

Hiroyuki Nagaoka, Keisuke Udagawa, Kohtaro Kirimura

Biotechnology Progress28p.953 - 9612012年10月-

DOI

クエン酸生産糸状菌<i>Aspergillus niger</i>におけるメチルクエン酸シンターゼの検出と機能解析

第64回日本生物工学会大会(神戸) 講演要旨集p.p. 372012年09月-

<i>Pseudomonas</i> sp. WU-0701由来アコニット酸イソメラーゼをコードする遺伝子の大腸菌における異種発見

第64回日本生物工学会大会(神戸) 講演要旨集p.p. 372012年09月-

部位特異的変異の導入による可逆的サリチル酸脱炭酸酵素の改変とρ-アミノサリチル酸の生産への応用

第64回日本生物工学会大会(神戸) 講演要旨集p.p. 1272012年09月-

複数の部位特異的変異を導入した可逆的サリチル酸脱炭酸酵素の改変によるρ-アミノサリチル酸の生産

第6回バイオ関連化学シンポジウム(札幌) 講演要旨集p.p. 502012年09月-

組み換え大腸菌の細胞反応によるカテコールからの<i>cis, cis</i>-ムコン酸の水系高収率生産

第6回バイオ関連化学シンポジウム(札幌) 講演要旨集p.p. 772012年09月-

新規な低分子ゲル化剤としての<i>l</i>-メントールマルトシドの酵素的合成

第6回バイオ関連化学シンポジウム(札幌) 講演要旨集p.p. 842012年09月-

Purification, Characterization, and Gene Identification of an α-Glucosyl Transfer Enzyme, a Novel Type α-Glucosidase from <i>Xanthomonas campestris</i>WU-9701

Toshiyuki Sato, Nobukazu Hasegawa, Jun Saito, Satoru Umezawa, Yuki Honda, Kuniki Kino, Kohtaro Kirimura

Journal of Molecular Catalysis B:Enzymatic80(1)p.20 - 272012年04月-

DOI

糸状菌<i>Aspergillus niger</i> NRRL328由来Ⅲ型ポリケタイド合成酵素の機能解析

日本化学会 第92春季年会(2012)(東京) 講演予稿集p.p. 7572012年03月-

低分子ゲル化剤としての機能を示すメントール配糖体の酵素的合成

日本化学会 第92春季年会(2012)(東京) 講演予稿集p.p. 7582012年03月-

糸状菌<i>Aspergillus niger</i>におけるoxaloacetate hydrolase遺伝子の高発現による高収率シュウ酸生産

日本農芸化学会 2012年度大会(京都) 講演要旨集2012年03月-

<i>Pseudomonas</i> sp. WU-0701由来アコニット酸イソメラーゼの酵素的諸性質の検討と遺伝子クローニング

日本農芸化学会 2012年度大会(京都) 講演要旨集2012年03月-

Visual Expression Analysis of the Responses of the Alternative Oxidase Gene (<i>aox1</i>) to Heat Shock, Oxidative, and Osmotic Stresses in Conidia of Citric Acid-Producing<i> Aspergillus niger</i>

Yuki Honda, Takasumi Hattori, Kohtaro Kirimura

Journal of Bioscience and Bioengineering113(3)p.338 - 3422011年12月-

DOI

クエン酸生産糸状菌<i>Aspergillus niger</i>におけるoxaloacetate hydrolase遺伝子(<i>oahA</i>)の破壊と高発現によるシュウ酸生産経路の検証

第11回糸状菌分子生物学コンファレンス 要旨集p.p. 442011年10月-

<i>Aspergillus niger</i>NRRL328由来Ⅲ型ポリケタイド合成酵素によるピロン化合物の生成

第11回糸状菌分子生物学コンファレンス 要旨集p.p. 732011年10月-

糸状菌由来の新規なⅢ型ポリケタイド合成酵素の遺伝子異種発現と機能解析

第5回バイオ関連化学シンポジウム(つくば) 講演要旨集p.p. 562011年09月-

部位特異的変異を利用したサリチル酸脱炭酸酵素の改変とカルボキシル化活性の向上

第5回バイオ関連化学シンポジウム(つくば) 講演要旨集p.p. 1752011年09月-

Increases in Gene-Targeting Frequencies Due to Disruption of <i>kueA</i>as a<i>ku80</i>Homolog in Citric Acid-Producing<i>Aspergillus niger</i>

Yuki Honda, Keiichi Kobayashi, Kohtaro Kirimura

Bioscince Biotechnology, and Biochemistry75(8)p.1594 - 15962011年08月-

DOI

クエン酸生産糸状菌<i>Aspergillus niger</i>におけるメチルクエン酸シンターゼ遺伝子破壊株の作製

第63回日本生物工学会大会(東京) 講演要旨集p.p. 362011年08月-

<i>Aspergillus niger</i>NRRL328株由来Ⅲ型ポリケタイド合成酵素ホモログの機能解析

第63回日本生物工学会大会(東京) 講演要旨集p.p. 362011年08月-

組換え大腸菌を生体触媒として用いた逐次添加法によるカテコールからの<i>cis,cis-</i>ムコン酸の高収率生産

第63回日本生物工学会大会(東京) 講演要旨集

p.p. 1932011年08月-

High-yield Production of <i>cis,cis</i>-Muconic Acid from Catechol in Aqueous Solution by Biocatalyst

Aya Kaneko, Yoshitaka Ishii, Kohtaro Kirimura

Chemistry Letters40(4)p.381 - 3832011年04月-

DOI

酵母<i>Trichosporon moniliiforme</i>における新規なサリチル酸分解経路に関与するサリチル酸脱炭酸酵素の性質

日本農芸化学会 2011年度大会(京都) 講演要旨集p.p. 1202011年03月-

<i>Aspergillus niger</i>由来III型ポリケタイド合成酵素の基質特異性と反応生成物

日本農芸化学会 2011年度大会(京都) 講演要旨集p.p. 2782011年03月-

部位特異的変異を利用した可逆的脱炭酸酵素の改変によるサリチル酸合成活性の向上

日本化学会 第91春季年会(2011)(神奈川) 講演予稿集2011年03月-

カテコール1,2-ジオキシゲナーゼ遺伝子高発現組換え大腸菌を生体触媒として利用したカテコールからの<i>cis,cis</i>-ムコン酸生産

日本化学会 第91春季年会(2011)(神奈川) 講演予稿集2011年03月-

クロコウジカビ由来Ⅲ型ポリケタイド合成酵素ホモログ遺伝子のクローニングと機能解析

日本化学会 第91春季年会(2011)(神奈川) 講演予稿集2011年03月-

Production of <i>p</i>-Aminosalicylic Acid through Enzymatic Kolbe−Schmitt Reaction Catalyzed by Reversible Salicylic Acid Decarboxylase

Kohtaro Kirimura,Satomi Yanaso, Sachiyo Kosaka,Keiko Koyama,Takasumi Hattori,Yoshitaka Ishii

Chemistry Letters40(2)p.206 - 2082011年02月-

DOI

Enzymatic Production of p-Hydroxybenzoic Acid by para-Site Specific Hydroxylation of Benzoic Acid through Whole Cell Reaction by <i>Trichosporon moniliiforme</i>

Yuki Honda, Yusuke Tsutsumi, Akihiro Watabe, Takasumi Hattori, Kohtaro Kirimura

2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010,Honolulu, Hawaii, USA) AbstractPoster No.2282010年12月-

クエン酸生産糸状菌由来<i>ku80</i>破壊株における相同組換え効率の向上

第10回糸状菌分子生物学コンファレンス(広島) 講演要旨集p.p. 392010年11月-

<i>Aspergillus niger</i>由来Ⅲ型ポリケタイド合成酵素遺伝子の機能解析

第10回糸状菌分子生物学コンファレンス(広島) 講演要旨集p.p. 742010年11月-

酵母<i>Trichosporon moniliiforme</i>におけるサリチル酸脱炭酸酵素が関与する新規なサリチル酸分解

第62回日本生物工学会大会(宮崎) 講演要旨集p.p. 222010年09月-

可逆的サリチル酸脱炭酸酵素における部位特異的変異を利用したサリチル酸合成活性の向上

第62回日本生物工学会大会(宮崎) 講演要旨集p.p. 232010年09月-

クエン酸生産糸状菌<i>Aspergillus niger</i>由来<i>ku80</i>破壊株の作製と相同組換え効率の向上

第62回日本生物工学会大会(宮崎) 講演要旨集p.p. 622010年09月-

黒麹菌・黄麹菌のゲノム解析

第62回日本生物工学会大会(宮崎) 講演要旨集p.p. 1642010年09月-

自然界の変化を捉え有用物質生産に生かす

化学と工業63(6)p.484 - 4862010年06月-

自然界の変化を捉え有用物質生産に生かす : 酵素や微生物を生体触媒として利用する応用生物化学の魅力

桐村 光太郎

化学と工業 = Chemistry and chemical industry63(6)p.484 - 4862010年06月-2010年06月 

CiNii

詳細

ISSN:00227684

Nobel Metabolic Pathway for Salicylate Biodegradation via Phenol in Yeast <i>Trichosporon moniliiforme</i>

Yuichiro Iwasaki, Hiroaki Gunji, Kuniki Kino, Takasumi Hattori, Yoshitaka Ishii, Kohtaro Kirimura

Biodegradation21(4)p.557 - 5642010年05月-

DOI

Enzymatic Kolbe-Schmitt Reaction to Form Salicylic Acid from Phenol:Enzymatic Characterization and Gene Identification of a Novel Enzyme,<i>Trichosporon moniliiforme</i> Salicylic Acid Decarboxylase

Kohtaro Kirimura, Hiroaki Gunji, Rumiko Wakayama, Takasumi Hattori, Yoshitaka Ishii

Biochem. Biophys. Res. Commun.394(2)p.279 - 2842010年03月-

DOI

高度好熱菌<i>Thermus thermophilus</i> HB8由来耐熱性α-グルコシダーゼ(YP143747)の大腸菌における遺伝子高発現および機能解析

日本農芸化学会 2010年度大会(東京) 講演要旨集p.p. 232010年03月-

<i>ku80</i>遺伝子破壊によるクエン酸生産糸状菌<i>Aspergillus niger</i>における相同組換え効率の向上

日本農芸化学会 2010年度大会(東京)  講演要旨集p.p. 2132010年03月-

<i>Trichosporon moniliifome</i>の細胞を触媒とした安息香酸の位置選択的水酸化反応による<i>p-</i>ヒドロキシ安息香酸の生産

日本化学会 第90春季年会(2010)(東大阪) 講演予稿集Ⅲp.p. 6582010年03月-

<i>Aspergillus niger</i>における代謝工学を利用した呼吸系の改変によるシュウ酸生産性の向上

日本化学会 第90春季年会(2010)(東大阪) 講演予稿集Ⅲp.p. 6592010年03月-

クエン酸生産糸状菌<i>Aspergillus niger</i>における<i>ku80</i>遺伝子破壊による相同組換え効率の向上

第9回糸状菌分子生物学コンファレンス(東京) 講演要旨集p.p. 462009年11月-

Novel Reactivity of Dibenzothiophene Monooxygenase from <i>Bacillus subtilis</i> WU-S2B

Takashi OHSHIRO, Shuhei NAKURA, Yoshitaka ISHII, Kuniki KINO, Kohtaro KIRIMURA, Yoshikazu IZUMI

Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry73(9)p.2128 - 21302009年09月-

DOI

<i>Cellvibrio</i>sp. E-1株由来ネオアガロビオース生産型β-アガラーゼ遺伝子の大腸菌内における高発現と機能解析

第61回日本生物工学会大会(名古屋) 講演要旨集p.p. 462009年09月-

グリセロールを炭素源とした<i>Aspergillus niger</i>の半固体培養によるクエン酸生産

第61回日本生物工学会大会(名古屋) 講演要旨集p.p. 722009年09月-

クエン酸生産糸状菌におけるシアン非感受性呼吸系酵素の遺伝子破壊および遺伝子高発現

日本化学会 第12回バイオテクノロジー部会シンポジウム(福岡)p.p. 802009年09月-

クエン酸生産糸状菌の分生子を利用したシアン非感受性呼吸系酵素遺伝子の視覚的なストレス応答解析

日本化学会 第12回バイオテクノロジー部会シンポジウム(福岡)p.p. 2982009年09月-

新規な耐熱性フラビンレダクターゼの遺伝子クローニングと諸性質検討

日本化学会 第3回関東支部大会(2009) 講演予稿集p.p. 492009年08月-

可逆的サリチル酸脱炭酸酵素の改変と4-アミノサリチル酸の水系合成反応への応用

日本化学会 第3回関東支部大会(2009) 講演予稿集p.502009年08月-

微生物変換を利用した安息香酸の位置選択的水酸化による<i>p</I>-ヒドロキシ安息香酸の生産

日本化学会 第3回関東支部大会(2009) 講演予稿集p.p. 1192009年08月-

Overexpression and Disruption of Alternative Oxidase Gene in Citric Acid-Producing <i>Aspergillus niger</i>

T. Hattori, Y. Honda, K. Kirimura

FEMS2009 3rd Congress of European Microbiologists(Gothenburg, Sweden) Abstractp.p. 33332009年06月-

Visual Expression Analysis of Stress Responses of Alternative Oxidase Gene in Condia of Citric Acid-Producing <i>Aspergillus niger</i>

Y. Honda, T. Hattori, K. Kirimura

FEMS2009 3rd Congress of European Microbiologists(Gothenburg, Sweden) Abstractp.p. 33502009年06月-

Regulation of Alternative Oxidase at the Transcription Stage in <i>Aspergillus niger</i> under the Conditions of Citric Acid Production

Takasumi HATTORI, Kuniki KINO, Kohtaro KIRIMURA

Current Microbiology58(4)p.321 - 3252009年04月-

DOI

クエン酸生産糸状菌<i>Aspergillus niger</i>におけるNADP+依存性イソクエン酸脱水素酵素遺伝子の高発現による代謝への影響

日本農芸化学会 2009年度大会(福岡) 講演要旨集p.p. 1022009年03月-

<i>Trichosporon moniliiforme</i>の休止菌体反応を利用した微生物変換による安息香酸からのp-ヒドロキシ安息香酸の選択的生産

日本農芸化学会 2009年度大会(福岡) 講演要旨集p.p. 1152009年03月-

黒麹菌のゲノム解析と高精度化

日本農芸化学会 2009年度大会(福岡) 講演要旨集p.p. 2892009年03月-

部位特異的変異導入による可逆的サリチル酸脱炭酸酵素(Sdc)の改変と4-アミノサリチル酸合成への応用

日本化学会 第89春季年会(2009)(千葉) 講演予稿集Ⅱp.p. 12982009年03月-

黒麹菌<i>Aspergillus awamori</i> のゲノム解析と比較ゲノム解析

第3回日本ゲノム微生物学会年会(東京) 講演要旨集2009年03月-

Characterization of a Flavin Reductase from a Thermophilic Dibenzothiophene-Desulfurizing Bacterium, <i>Bacillus subtilis</i> WU-S2B

Shusuke Takahashi, Toshiki Furuya, Yoshitaka Ishii, Kuniki Kino, and Kohtaro Kirimura

Journal of Bioscience and Bioengineering107(1)p.38 - 412009年01月-

DOI

黒麹菌<i>Aspergillus awamori</i> NBRC4314株のドラフトゲノム配列の決定

第8回糸状菌分子生物学コンファレンス(金沢) 講演要旨集p.p. 292008年11月-

Enhancement of Poly(arginyl-histidine) Production by <i>Verticillium kibiense</i> E18

Ikumi KURIHARA, Yoshitaka ISHII, Kohtaro KIRIMURA, Kuniki KINO

Biochemical Engineering Journal42p.270 - 2752008年10月-

DOI

Metabolic Changes in Citric Acid-Producing <i>Aspergillus niger</i> by Disruption and Overexpression of Alternative Oxidase Gene

First International AOX Symposium 2008(Evora, Portugues) Abstractp.p. 49 - 502008年10月-

A New Method of Synthesis of Alkyl beta-Glycosides Using Sucrose as Suger Donor

Kuniki KINO, Ryoko SATAKE, Takayuki MORIMATSU, Yu SHIMIZU, Masaru SATO, Kohtaro KIRIMURA

Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry72(9)p.2415 - 24172008年09月-

DOI

真核微生物由来の可逆的サリチル酸脱炭酸酵素を利用した4-アミノサリチル酸の選択的生産

日本化学会 第3回バイオ関連合同シンポジウム (横浜) 講演要旨集p.p. 3162008年09月-

直留軽油脱硫の効率化を目的とした硫酸イオン抑制解除組換え細菌の作成

日本化学会 第3回バイオ関連合同シンポジウム (横浜) 講演要旨集p.p. 2922008年09月-

部位特異的変異を利用した細菌由来グルコース転移酵素の機能改変とグルコース転移活性の向上

日本化学会 第3回バイオ関連合同シンポジウム (横浜) 講演要旨集p.p. 3172008年09月-

<I>Aspergillus niger</I>における代謝改変を目的としたalternative oxidase遺伝子高発現株の作製とシュウ酸生産への応用

第60回 日本生物工学会大会(仙台) 講演要旨集p.p. 1182008年08月-

クエン酸生産糸状菌<I>Aspergillus niger</I>におけるヘアピンRNA発現カセットの導入によるalternative oxidase遺伝子の抑制

第60回日本生物工学会大会(仙台) 講演要旨集p.p. 1182008年08月-

<I>Xanthomonas campestris</I> WU-9701由来のα-グルコース転移酵素XgtAにおけるS272位の部位特異的変異によるグルコース転移活性の向上

第60回日本生物工学会大会(仙台) 講演要旨集p.p. 1532008年08月-

可逆的サリチル酸脱炭酸酵素の遺伝子改変と4-アミノサリチル酸の選択的生産への応用

第60回日本生物工学会大会(仙台) 講演要旨集p.p. 1622008年08月-

微生物変換を利用した安息香酸からの<I>p</I>-ヒドロキシ安息香酸の選択的生産

第60回日本生物工学会大会(仙台) 講演要旨集p.p. 2082008年08月-

改変型L-phenylalanine hydroxlaseによる5-hydroxy-L-tryptophanの合成

日本農芸化学会 2008年度大会 (名古屋) 講演要旨集p.p. 232008年03月-

プライマー非依存性シアノフィシン合成酵素の発見と特性解析

日本農芸化学会 2008年度大会 (名古屋)講演要旨集p.p. 282008年03月-

ペプチド性抗生物質リゾクチシン生産菌からの新規L-アミノ酸リガーゼの取得

日本農芸化学会 2008年度大会 (名古屋)講演要旨集p.p. 282008年03月-

<I>Aspergillus niger</I>におけるシアン非感受性呼吸系酵素遺伝子の視覚的発現解析系のストレス応答検出への応用

日本農芸化学会 2008年度大会 (名古屋) 講演要旨集p.p. 1102008年03月-

クエン酸生産糸状菌<I>Aspergillus niger</I>におけるシアン非感受性呼吸系酵素遺伝子の破壊および高発現

日本農芸化学会 2008年度大会 (名古屋) 講演要旨集p.p. 1102008年03月-

NADP<sup>+</sup>依存性イソクエン酸脱水素酵素遺伝子の高発現によるクエン酸生産糸状菌の代謝工学的機能改変

日本化学会第88春季年会 (東京) 講演予稿集Ⅱp.p. 9152008年03月-

可逆的サリチル酸脱炭酸酵素 (Sdc) の解析と4-アミノサリチル酸の酵素的合成への応用

日本化学会第88春季年会 (東京) 講演予稿集Ⅱp.p. 9202008年03月-

<I>Verticillium kibience</I> E18 によるポリアルギニルヒスチジンの生産性向上

日本化学会第88春季年会 (東京) 講演予稿集Ⅱp.p. 15502008年03月-

Expression of Alternative Oxidase Gene (aox1) at the Stage of Single-Cell Conidium in Citric Acid-Producing <i>Aspergillus niger</i>

Takasumi Hattori, Yuki Honda, Kuniki Kino, Kohtaro Kirimura

Journal of Bioscience and Bioengineering105(1)p.55 - 572008年01月-

DOI

Polyploid Formation between <i>Aspergillus niger</i> and <i>Trichoderma viride</i> for Enhanced Citric Acid Prodution from Cellulose

Ramida Watanapokasin, Nitisak Sawasjirakij, Shoji Usami, Kohtaro Kirimura

Applied Biochemistry and Biotechnology143(2)p.176 - 1862007年11月-

DOI

クエン酸生産糸状菌におけるNADP<sup>+</sup>依存性isocitrate dehydrogenase遺伝子(<I>icdA</I>)の高発現による代謝改変

第7回糸状菌分子生物学コンファレンス 要旨集p.p. 522007年11月-

<I>Aspergillus niger</I>の分生子を用いたシアン非感受性呼吸系酵素遺伝子(<I>aox1</I>)の視覚的な発現解析

第7回糸状菌分子生物学コンファレンス 要旨集p.p. 522007年11月-

Development of Production Process for D-Form Peptide Utilizing D-Amino Acid Ligase

13th European Congress on Biotechnology (Barcelona, Spain) Abstractp.p. 1052007年09月-

Production of Oxalic Acid by Overexpression of Oxaloacetate Hydrolase Gene (<I>oahA</I>) in <I>Aspergillus niger</I> WU-2223L

13th European Congress on Biotechnology (Barcelona, Spain) Abstractp.p. 1752007年09月-

<I>Epichloe kibiensis</I> E18株によるポリアルギニルヒスチジンの生産条件の検討

第59回 日本生物工学会大会(広島) 講演要旨集2007年09月-

可逆的サリチル酸脱炭酸酵素を利用した<I>m</I>-アミノフェノールからの4-アミノサリチル酸の合成

第59回 日本生物工学会大会(広島) 講演要旨集p.p. 662007年09月-

<I>Ralstonia solanacearum</I>由来Lーアミノ酸リガーゼRSp1486aの諸性質解析と<I>Ralstonia</I>属細菌からのホモログ酵素探索

第59回 日本生物工学会大会(広島) 講演要旨集p.p. 822007年09月-

デプシペプチド合成を目的とした改変型<I>Thermotoga maritima</I> ATCC 43589由来D-アラニン-D-アラニンリガーゼの創製

第59回 日本生物工学会大会(広島) 講演要旨集p.p. 822007年09月-

<I>Bacillus licheniformis</I>由来新規L-アミノ酸リガーゼを用いたL-アミノ酸ジペプチドの合成

第59回 日本生物工学会大会(広島) 講演要旨集p.p. 832007年09月-

<I>Saccaromyces serevisiae</I> X33 による連続エタノール発酵

第59回 日本生物工学会大会(広島) 講演要旨集p.p. 982007年09月-

<I>Lactobacillus rhamnosus</I> による連続乳酸発酵

第59回 日本生物工学会大会(広島) 講演要旨集p.p. 1002007年09月-

クエン酸生産糸状菌<I>Aspergillus niger</I>におけるNADP<SUP>+</SUP>依存性isocitrate dehydrogenase遺伝子(<I>icdA</I>)の高発現

第59回 日本生物工学会大会(広島) 講演要旨集p.p. 1142007年09月-

クエン酸生産糸状菌<I>Aspergillus niger</I>の分生子におけるalternative oxidase遺伝子(<I>aox1</I>)の熱ショック応答の視覚的な発現解析

第59回 日本生物工学会大会(広島) 講演要旨集p.p. 1142007年09月-

新規L-アミノ酸リガーゼの発見とジペプチド合成への応用

日本化学会第10回バイオテクノロジー部会シンポジウム (東京)講演要旨集p.p. 762007年09月-

D-アミノ酸リガーゼを利用したD-アミノ酸ペプチド合成プロセスの開発

日本化学会第10回バイオテクノロジー部会シンポジウム (東京) 講演要旨集p.p. 782007年09月-

新規な可逆的脱炭酸酵素を利用したKolbe-Schmitt反応の開発

日本化学会第10回バイオテクノロジー部会シンポジウム (東京) 講演要旨集p.p. 842007年09月-

クエン酸生産糸状菌における alternative oxidase 遺伝子(<I>aox1</I>)の熱ショック応答に関するEGFPを利用した視覚的解析

日本化学会第10回バイオテクノロジー部会シンポジウム (東京) 講演要旨集p.p. 862007年09月-

Enzymatic Synthesis of alpha-Anomer-Selective D-Glucosides Using Maltose Phosphorylase

Kuniki Kino, Yu Shimizu, Shoko Kuratsu, Kohtaro Kirimura

Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry71(6)p.1598 - 16002007年06月-

DOI

好熱性細菌由来ポリリン酸キナーゼによる耐熱性ATP再生系を共役させたD-アミノ酸ペプチド合成

日本農化学会2007年度大会講演要旨集p.p. 52007年03月-

フェノールからサリチル酸の生産を可能とする新規な可逆的脱炭酸酵素の精製と遺伝子クローニング

日本化学会第87春季年会(大阪)講演要旨集p.p. 13082007年03月-

クエン酸生産糸状菌の代謝工学を目的としたオキサロ酢酸加水分解酵素遺伝子 (<I>oahA</I>) の高発現によるシュウ酸高生産株の作成

日本化学会第87春季年会(大阪)講演要旨集p.p. 13582007年03月-

Thermostable ATP Regeneration System Using Polyphosphate Kinase from <I>Thermosynechococcus elongatus</I> BP-1 for D-Amino Acid Dipeptide Synthesis

Journal of Bioscience and Bioengineering103(2)p.179 - 1842007年02月-

Regioselective and Enzymatic Production of γ-Resorcylic Acid from Resorcinol Using Recombinant <I>Escherichia coli</I> Cells Expressing a Novel Decarboxylase Gene

Biotechnol. Lett.29p.819 - 8222007年02月-

Novel Substrate Specificity of Glutathione Synthesis Enzymes from <I>Streptococcus agalactiae</I> and <I>Clostridium acetobutylicum</I>

Biochem. Biophys. Res. Commun.352(2)p.351 - 3592007年01月-

Substrate Specificity of Thermostable D-Alanine-D-alanine Ligase from <I>Thermotoga maritima</I> ATCC 43589

Bioscience, Biotechnology and Biochemistry70(11)p.2790 - 27922006年12月-

Expression Analysis of Alternative Oxidase Gene (<I>aox1</I>) with Enhanced Green Fluorescent Protein as Marker in Citric Acid-Producing <I>Aspergillus niger</I>

Journal of Bioscience and Bioengineering102(3)p.210 - 2142006年09月-

可逆的脱炭酸酵素遺伝子(rdc)を高発現した大腸菌によるレゾルシノールから選択的γ-レゾルシン酸生産

日本化学会バイオ関連化学合同シンポジウム (京都)講演要旨集p.p. 2512006年09月-

クエン酸生産糸状菌 <I>Aspergillus niger</I>におけるEGFPを指標としたalternative oxidase 遺伝子 (<I>aox1</I>) の視覚的な発現解析

日本化学会 バイオ関連化学合同シンポジウム (京都)講演要旨集p.p. 2522006年09月-

クエン酸生産糸状菌<I>Aspergillus niger</I>の分生子におけるalternative oxidase遺伝子(<I>aox1</I>) の視覚的な発現解析

第58回 日本生物工学会大会(大阪)講演要旨集p.p. 1332006年09月-

クエン酸生産糸状菌<I>Aspergillus niger</I>におけるシュウ酸生産経路の検証

第58回 日本生物工学会大会(大阪)講演要旨集p.p. 1332006年09月-

D-アミノトランスフェラーゼを含む多酵素共役反応系によるD-アミノ酸生産

第58回 日本生物工学会大会(大阪)講演要旨集p.p. 1192006年09月-

異種ホスホリラーゼを組み合わせたβ型配糖体の新規合成プロセスの開発

第58回 日本生物工学会大会(大阪)講演要旨集p.p. 1052006年09月-

<I>Pseudomonas putida</I> IFO12966 由来低基質特異性アミノ酸ラセマーゼIle384、Try396変異体の解析

第58回 日本生物工学会大会(大阪)講演要旨集p.p. 1022006年09月-

微生物変換によるフェノールからサリチル酸の選択的合成

第58回 日本生物工学会大会(大阪)講演要旨集p.p. 972006年09月-

<I>Clostridium acetobutylicum </I>由来新規グルタチオン合成酵素の解析

第58回 日本生物工学会大会(大阪)講演要旨集p.p. 932006年09月-

廃水中に含まれる各種フェノール類の微生物変換

水処理技術47(9)p.397 - 4022006年09月-

Production of Aliphatic D-Amino Acid from L-Amino Acid by Multi-Enzyme Coupling Reaction

Deutsche Bundesstiftung Umwelt (Hamburg) Abstractp.p. 1272006年08月-

Synthesis of L-Amino Acid Dipeptides Using a Nobel L-Amino Acid Ligase From <I>Ralstonia solanacearum</I>

Deutsche Bundesstiftung Umwelt (Hamburg) Abstractp.p. 742006年08月-

Synthesis of DL-tryptophan by modified broad specificity amino acid racemase from <I>Pseudomonas putida</I> IFO 12996

Appl. Microbiol. Biotechnol.73p.1299 - 13052006年06月-

Expression analysis of the alternative oxidase gene (<I>aox1</I>) by the visualization of EGFP fusion protein in citric acid-producing <I>Aspergillus niger</I>

Genetics of Industrial Microorganisms (Prague)10th International Symposium on the Genetics of Industrial Microorganismsp.p. 3352006年06月-

Tryptophan Racemase Derived from Broad Specificity Amino Acid Racemase by Directed Evolution

Genetics of Industrial Microorganisms (Prague)10th International Symposium on the Genetics of Industrial Microorganismsp.p. 3622006年06月-

可逆的脱炭酸酵素遺伝子(<I>rdc</I>)を高発現させた大腸菌によるγ-レゾルシン酸の選択的高生産

日本農芸化学会2006年度大会(京都)講演要旨集p.p. 2362006年03月-

<I>Ralstonia solanacerum </I>由来の新規L-アミノ酸リガーゼを用いたL-アミノ酸ジペプチドの合成

日本農芸化学会2006年度大会(京都)講演要旨集p.p. 3012006年03月-

新規なグルタチオン合成酵素とその類縁酵素の解析

日本農芸化学会2006年度大会(京都)講演要旨集p.p. 3012006年03月-

<I>Thermosynechococcus elongatus</I> BP-1 由来耐熱性ポリリン酸キナーゼの酵素諸性質とATP再生系共役D-アミノ酸ジペプチド合成への応用

日本農芸化学会2006年度大会(京都)講演要旨集p.p. 2902006年03月-

クエン酸生産糸状菌 <I>Aspergillus niger</I> におけるEGFP融合タンパクを用いたalternative oxidase遺伝子(<I>aox1</I>) の発現解析

日本農芸化学会2006年度大会(京都)講演要旨集p.p. 842006年03月-

好熱性細菌由来フラビンレダクターゼの多様性および諸性質

日本農芸化学会2006年度大会(京都)講演要旨集p.p. 2682006年03月-

編集後記

化学と工業pp.1692006年02月-

クエン酸発酵の分子機構に関する新たな視点

バイオサイエンスとインダストリー64(1)p.17 - 222006年01月-

Molecular analysis of the novel reversible γ-resorcylic acid decarboxylase gene and its applcation to γ-resorcylic acid production

2005 International Chemical Congress of Pacific Basin SocietyBIOS-3392005年12月-

Role of alternative oxidase in relation to citric acid production by <I>Aspergillus niger</I>

2005 International Chemical Congress of Pacific Basin SocietyBIOS-3342005年12月-

Characterization of a novel reversible γ-resorcylic acid decarboxylase catalyzing regioselective carboxylation of resorcinol

2005 International Chemical Congress of Pacific Basin SocietyBIOS-3332005年12月-

<I>Thermotoga maritima</I> 由来 D-アラニン-D-アラニンリガーゼの基質特異性における金属イオン添加効果</I>

平成17年度日本生物工学大会(つくば)講演要旨集p.p. 1122005年11月-

<I>Pseudomonas putida</I> IFO12996 由来低基質特異性アミノ酸ラセマーゼのランダム変異導入による基質特異性の改変

平成17年度日本生物工学大会(つくば)講演要旨集p.p. 1122005年11月-

D-アミノ酸アミノトランスフェラーゼ高発現大腸菌を利用したD-アミノ酸の生産

平成17年度日本生物工学大会(つくば)講演要旨集p.p. 1112005年11月-

好熱性脱硫細菌 <I>Micobacterium phlei</I> WU-0103 を宿主とした組換え体の作製による直留軽油の脱硫

平成17年度日本生物工学大会(つくば)講演要旨集p.p. 932005年11月-

クエン酸生産糸状菌 <I>Aspergillus niger</I> における alternative oxidase 遺伝子 (<I>aox1</I>) の破壊による活性酸素耐性の低下

平成17年度日本生物工学大会(つくば)講演要旨集p.p. 632005年11月-

Dibenzothiophene Desulfurizing Enzymes from Moderately Thermophilic Bacterium <I>Bacillus subtilis</I> WU-S2B: Purification, Characterization and Overexpression

Journal of Bioscience and Bioengineering100(3)p.266 - 2732005年09月-

Transcript Levels of Alternative Oxidase Gene (<I> aox1</I>) under the Conditions of Citric Acid Production in <I>Aspergillus niger</I>

J. Biotechnol.; Abstracts of the 12th European Congress on Biotechnology (Copenhagen, Denmark)118, Suppl. 1p.S1212005年08月-

Characterization and Gene Cloning of the γ-Resorcylic Acid Decarboxylase for Application to Selective Production of γ-Resorcylic Acid

J. Biotechnol.; Abstracts of the 12th European Congress on Biotechnology (Copenhagen, Denmark)118, Suppl. 1p.S1012005年08月-

D-Alanine-D-Alanine Ligases with Broad Substrate Specificities for the Effective Production of D-Amino Acid Dipeptides

BIOTRANS 2005 SYMPOSIUMp.1842005年07月-

Gene Cloning and Characterization of <I>Mycobacterium phlei</I> Flavin Reductase Involved in Dibenzothiophene Desulfurization

Journal of Bioscience and Bioengineering99(6)p.577 - 5852005年06月-

D-Amino Acid Dipeptide Production Utilizing D-Alanine-D-Alanine Ligases with Nobel Substrate Specificity

Journal of Bioscience and Bioengineering99(6)p.623 - 6282005年06月-

新規な可逆的脱炭酸酵素の精製および遺伝子解析とγ-レゾルシン酸の選択的生産への応用

日本化学会第85春季年会(横浜)講演要旨p.2F1 - 082005年03月-

<I>Escherichia coli</I> K12株由来γ-glutamylcysteine synthetaseの基質特異性解析

日本農芸化学会2005年度(平成17年度)大会(札幌)講演要旨集p.372005年03月-

D-アミノ酸アミノ基転移酵素を利用した脂肪族および芳香族D-アミノ酸の生産

日本農芸化学会2005年度(平成17年度)大会(札幌)講演要旨集p.382005年03月-

<I>Thermotoga maritima</I> ATCC 43589由来D-アラニン-D-アラニンリガーゼの基質特異性と当該酵素を利用したD-アミノ酸ジペプチド生産

日本農芸化学会2005年度(平成17年度)大会(札幌)講演要旨集p.402005年03月-

<I>Rhizobium radiobacter</I> WU-0108由来可逆的γ-レゾルシン酸脱炭酸酵素の遺伝子クローニングと生産への応用

日本農芸化学会2005年度(平成17年度)大会(札幌)講演要旨集p.692005年03月-

2種類の好熱性脱硫細菌由来のフラビンレダクターゼに関する諸性質の比較

日本農芸化学会2005年度(平成17年度)大会(札幌)講演要旨集p.722005年03月-

クエン酸生産糸状菌<I>Aspergillus niger</I> WU-2223Lにおけるシアン非感受性呼吸系酵素alternative oxidase遺伝子(<I>aox1</I>)の解析

日本農芸化学会2005年度(平成17年度)大会(札幌)講演要旨集p.2322005年03月-

微生物脱硫酵素の新機能:インドールの酸化反応によるインジゴの生成

日本農芸化学会2005年度(平成17年度)大会(札幌)講演要旨集p.2512005年03月-

Thermophilic Biodesulfurization of Various Heterocyclic Sulfur Compounds and Crude Straight-Run Light Gas Oil Fraction by a Newly Isolated Strain <I>Mycobacterium phlei</I> WU-0103

Curr. Microbiol.50(1)p.63 - 702005年02月-

急がずあせらず根気よく微生物との対話を続けます

コスモ・バイオ・ニュース48p.212005年01月-

クエン酸生産糸状菌<I>Aspergillus niger</I>由来alternative oxidase遺伝子(<I>aox1</I>)の転写解析

第4回糸状菌分子生物学コンファレンス(仙台)講演要旨集p.252004年11月-

糸状菌<I>Aspergillus niger</I>におけるシアン非感受性呼吸系酵素遺伝子(<I>aox1</I>)の破壊によるクエン酸生産性の激減

第4回糸状菌分子生物学コンファレンス(仙台)講演要旨集p.512004年11月-

Reversible and Nondxidative γ-Resorcylic Acid Decarboxylase: Characterization and Gene Cloning of a Novel Enzyme Catalyzing Carboxylation of Resorcinol, 1,3-Dihydroxybenzene, from <I>Rhizobium radiobacter</I>

Biochem. Biophys. Res. Commun.324(4)p.611 - 6202004年10月-

Identification and Functional Analysis of the Genes Encoding Dibenzothiophene-Desulfurizing Enzymes from Thermophilic Bacteria

Appl. Microbiol. Biotechnol.65(6)p.703 - 7102004年10月-

Identification and Functional Analysis of the Genes Encoding Dibenzothiophene-Desulfurizing Enzymes from Thermophilic Bacteria

Appl. Microbiol. Biotechnol.65(6)p.703 - 7132004年10月-

Reversible and Nondxidative γ-Resorcylic Acid Decarboxylase: Characterization and Gene Cloning of a Novel Enzyme Catalyzing Carboxylation of Resorcinol, 1,3-Dihydroxybenzene, from <I>Rhizobium radiobacter</I>

Biochem. Biophys. Res. Commun.324(4)p.611 - 6202004年10月-

<I>Alteromonas (Cellvibrio)</I> sp. E-1由来の成熟型β-アガラーゼをコードする遺伝子(<I>aga1-m</I>)の大腸菌における発現

平成16年度日本生物工学会大会(名古屋)講演要旨集p.762004年09月-

D-alanine-D-alanine ligaseを利用した各種D-アミノ酸ジペプチド合成

平成16年度日本生物工学会大会(名古屋)講演要旨集p.1082004年09月-

クエン酸生産糸状菌<I>Aspergillus niger</I> WU-2223L由来alternative oxidase遺伝子<I>aox1</I> の転写解析

平成16年度日本生物工学会大会(名古屋)講演要旨集p.1372004年09月-

<I>Rhizobium radiobacter</I> WU-0108由来の可逆的γ-レゾルシン酸脱炭酸酵素遺伝子のクローニング

平成16年度日本生物工学会大会(名古屋)講演要旨集p.1972004年09月-

好熱性ジベンゾチオフェン脱硫細菌<I>Bacillus subtilis</I> WU-S2B由来フラビンレダクターゼの遺伝子クローニングおよび諸性質の検討

平成16年度日本生物工学会大会(名古屋)講演要旨集p.1142004年09月-

Enhancement of Dibenzothiophene-Desulfurizing Activity by Genetic Engineering of a Thermophilic Desulfurizing Bacterium <I>Mycobacterium phlei</I> WU-F1

Biocat 2004, 2nd International Congress on Biocatalysis (Hamburg, Germany)Abstractp.792004年08月-

Enzymatic Synthesis of γ-Resorcylic Acid by Regio-Selective Carboxylation of Resorcinol

Biocat 2004, 2nd International Congress on Biocatalysis (Hamburg, Germany)Abstractp.1432004年08月-

Characterization of <I>Mycobacterium phlei</I> WU-F1 as a Biocatalyst Applicable to Thermophilic Biodesulfurization of Light Gas Oil

Biocat 2004, 2nd International Congress on Biocatalysis (Hamburg, Germany)Abstractp.2622004年08月-

関東支部主催講演会「科学技術政策の動向と総合科学技術会議」で語られたこれからの科学技術の役割

化学と工業57(6)p.630 - 6312004年06月-

位置選択的炭酸固定反応によりγ-レゾルシン酸を合成する新規な脱炭酸酵素の精製および諸性質の検討

日本農芸化学会2004年度(平成16年度)大会(広島)講演要旨集p.132004年03月-

遺伝子組換えを利用した好熱性ジベンゾチオフェン脱硫細菌<I>Mycobacterium phlei</I> WU-F1の脱硫活性の向上

日本農芸化学会2004年度(平成16年度)大会(広島)講演要旨集p.412004年03月-

アミノ酸ラセマーゼ/リガーゼ共役系によるL-アミノ酸からのD-アミノ酸ジペプチド合成

日本農芸化学会2004年度(平成16年度)大会(広島)講演要旨集p.1192004年03月-

微生物変換を利用した位置選択的炭酸固定反応によるγ-レゾルシン酸の合成

日本化学会第84春季年会(西宮)講演要旨集p.11652004年03月-

γ-レゾルシン酸の酵素的合成を目的とした新規な脱炭酸酵素の精製および諸性質の検討

日本化学会第84春季年会(西宮)講演要旨集p.11662004年03月-

新規好熱性脱硫細菌の機能解析と軽油の超深度脱硫への応用

日本化学会第84春季年会(西宮)講演要旨集p.11702004年03月-

Cloning of a Gene Encoding Flavin Reductase Coupling with Dibenzothiophene Monooxygenase through Coexpression Screening Using Indigo Production as Selective Indication

Biochem. Biophys. Res. Commun.313(3)p.570 - 5752004年02月-

Isolation of Dimethyl Sulfone-Degrading Microorganisms and Application to Odorless Degradation of Dimethyl Sulfoxide

J. Biosci. Bioeng.97(1)p.82 - 842004年02月-

お酒の後ラーメンを食べたくなるのは?

日本農業新聞12月10日;18面2003年12月-

医薬品原料のγ-レゾルシン酸 細菌使い1工程で合成

日刊工業新聞12月29日2003年12月-

好熱性ジベンゾチオフェン脱硫細菌を利用した軽油の超深度脱硫

日本化学会バイオテクノロジー部会(7回)シンポジウム(熊本)講演要旨集p.230 - 2312003年10月-

<I>Xanthomonas campestris</I> WU-9701が生産する新規グルコース転移酵素遺伝子(<I>xgtA</I>の大腸菌における発現と有用α-グルコシドの効率的生産

日本化学会バイオテクノロジー部会(7回)シンポジウム(熊本)講演要旨集p.266 - 2672003年10月-

<I>Xanthomonas campestris</I> WU-9701が生産する新規グルコース転移酵素を用いた有用α-グルコシドの生産

日本化学会バイオテクノロジー部会(7回)シンポジウム(熊本)講演要旨集p.392 - 3932003年10月-

日本化学会関東支部主催講演会「化学と第4の価値ー21世紀の展開」「科学技術立国と日本の将来」に大きな拍手

化学と工業56(9)p.1006 - 10072003年09月-

Selective α-Glucosylation of Eugenol by α-Glucosyl Transfer Enzyme of <I>Xanthomonas campestris</I> WU-9701

J. Biosci. Bioeng.96(2)p.199 - 2022003年09月-

セロビオースホスホリラーゼを用いた配糖体合成

平成15年度日本生物工学会大会(熊本)講演要旨集p.552003年09月-

<I>Bacillus fusiformis</I> WU-ATR-9由来D-amino acid aminotransferaseによるD-トリプトファン合成

平成15年度日本生物工学会大会(熊本)講演要旨集p.562003年09月-

芳香族アミノ酸に対してラセミ化活性を有する微生物の探索

平成15年度日本生物工学会大会(熊本)講演要旨集p.562003年09月-

<I>Alteromonas</I> sp. E-1由来の菌体内β-アガラーゼ遺伝子(<I>aga1</I>)の大腸菌における発現とネオアガロビオースの生産

平成15年度日本生物工学会大会(熊本)講演要旨集p.562003年09月-

好熱性ジベンゾチオフェン脱硫細菌<I>Mycobacterium phlei</I> WU-F1の遺伝子組換えによる脱硫能力の強化

平成15年度日本生物工学会大会(熊本)講演要旨集p.2042003年09月-

微生物変換によるレゾルシノールからのγ-レゾルシン酸の選択的合成

平成15年度日本生物工学会大会(熊本)講演要旨集p.2162003年09月-

Selective α-Glucosylation of Eugenol by α-Glucosyl Transfer Enzyme of <I>Xanthomonas campestris</I> WU-9701

J. Biosci. Bioeng.96(2)p.199 - 2022003年08月-

Thermophilic Biodesulfurization of Hydrodesulfurized Light Gas Oils by <I>Mycobacterium phlei</I> WU-F1

FEMS Microbiol. Lett.221(1)p.137 - 1422003年03月-

ジメチルスルホン分解微生物の分離と利用法の検討

日本化学会第83春季年会講演要旨集p.9612003年03月-

<I>Rhodococcus</I> sp. WU-K2Rによるナフトチオフェン脱硫経路の解析

日本化学会第83春季年会講演要旨集p.9612003年03月-

好熱性ナフトチオフェン脱硫細菌<I>Mycobacterium phlei</I> WU-0103の単離と軽油の微生物脱硫

日本化学会第83春季年会講演要旨集p.9622003年03月-

<I>Xanthomonas campestris</I> WU-9701のα-グルコース転移酵素を利用した1-プロパンチオールのα-アノマー選択的グルコシル化

日本化学会第83春季年会講演要旨集p.11422003年03月-

<I>Xanthomonas campestris</I> WU-9701のα-グルコース転移酵素を利用したヒドロキシエチルメタクリレートのα-アノマー選択的グルコシル化

日本化学会第83春季年会講演要旨集p.11432003年03月-

<I>Xanthomonas campestris</I> WU-9701が生産する新規グルコース転移酵素遺伝子(<L> xgtA</L>)の大腸菌における発現と有用α-グルコシドの効率的生産

日本化学会第83春季年会講演要旨集p.11432003年03月-

<I>Bam</I> HⅠ制限修飾系の発現量調節

日本化学会第83春季年会講演要旨集p.11432003年03月-

化学ってそういうこと! 夢が広がる分子の世界

化学同人2003年03月-

Thermophilic Biodesulfurization of Hydrodesulfurized Light Gas Oils by <I>Mycobacterium phlei</I> WU-F1

FEMS Microbiol. Lett.221(1)p.137 - 1422003年03月-

Oxidative Degradation of Dimethyl Sulfoxide by <I>Cryptococcus humicolus</I> WU-2, a Newly Isolated Yeast

J. Biosci. Bioeng.95(1)p.109 - 1112003年01月-

Biodesulfurization of Diesel Oil by Thermophilic Bacteria Newly Isolated

The 2nd International Symposium on the Biological Processing of Fossil Fuels in DMT (ISBPFF-DMT 2003), (Cologne, Germany)Abstractp.122003年01月-

<I>Xanthomonas campestris</I> WU-9701由来の新規α-グルコース転移酵素遺伝子(<I>xgtA</I>)の発現とα-グルコシド生産への応用

平成14年度日本生物工学会大会(大阪)講演要旨集p.862002年10月-

<I>Xanthomonas campestris</I> WU-9701由来の新規α-グルコース転移酵素遺伝子(<I>xgtA</I>)と周辺領域遺伝子の解析

平成14年度日本生物工学会大会(大阪)講演要旨集p.862002年10月-

好熱性ナフトチオフェン脱硫細菌<I>Mycobacterium phlei</I>WU-0103による軽油の脱硫

平成14年度日本生物工学会大会(大阪)講演要旨集p.1512002年10月-

<I>Hyphomicrobium denitrificans</I> WU-K217 の固定化菌体を用いたジメチルスルホキシド分解

平成14年度日本生物工学会大会(大阪)講演要旨集p.1512002年10月-

好熱性ジベンゾチオフェン脱硫細菌<I>Bacillus subtilis</I> WU-S2Bからのフラビンレダクターゼをコードする遺伝子のクローニングと発現

平成14年度日本生物工学会大会(大阪)講演要旨集p.1712002年10月-

好熱性ジベンゾチオフェン脱硫細菌<I>Mycobacterium phlei</I> WU-F1からのフラビンレダクターゼをコードする遺伝子のクローニングと発現

平成14年度日本生物工学会大会(大阪)講演要旨集p.1712002年10月-

Application of Recombinant <I>E. coli</I> Cells Expressing the Gene Encoding α-Glucosyl Transfer Enzyme of <I>Xanthomonas campestris</I> WU-9701 for α-Anomer-Selective Glucosylation of Menthol

3rd European Syposium on Enzymes in Grain Processing (ESEGP-3), (Leuven, Belgium)Abstractp.922002年09月-

Enzymatic Synthesis of <I>l</I>-Menthyl α-Maltoside and <I>l</I>-Menthyl α-Maltooligosides from <I>l</I>-Menthyl α-Glucoside by Cyclodextrin Glucanotransferase

J. Biosci. Bioeng94(2)p.119 - 1232002年09月-

α-Anomer-Selective Glucosylation of (+)-Catechin and Hydroquinone Using α-Glucosyl Transfer Enzyme of <I>Xanthomonas campestris</I> WU-9701

3rd European Syposium on Enzymes in Grain Processing (ESEGP-3), (Leuven, Belgium)Abstractp.932002年09月-

Biodesulfurization of Naphthothiophene and Benzothiophene through Selective Cleavage of carbon-Sulfur Bonds by <I>Rhodococcus</I> sp. Strain WU-K2R

Appl. Environ. Microbiol.68(8)p.3867 - 38722002年08月-

Continuous Degradation of Dimethyl Sulfoxide to Sulfate Ion by <I>Hyphomicrobium denitrificans</I> WU-K217

J. Biosci. Bioeng.94(1)p.52 - 562002年08月-

Molecular Cloning and Expression Analysis of Moderately Thermophilic Dibenzothiophene-Desulfurization-Genes from <I>Bacillus subtilis</I> WU-S2B

9th International Symposium on the Genetics of Industrial Microorganisms (GIM-2002), (Gyeongju, Korea)Abstractp.12 - 192002年07月-

Functional Analysis of Moderately Thermophilic Dibenzothiophene-Desulfurization Genes from <I>Bacillus subtilis</I> WU-S2B

9th International Symposium on the Genetics of Industrial Microorganisms (GIM-2002), (Gyeongju, Korea)Abstractp.12 - 102002年07月-

Microoranisms Living in the Long-Term Stockpiles of Crude Oil and Bioconversion of Petroleum Oil Component

World Conference on Future Fuels and Technology, Europe 2002 (WCFFT Europe 2002), (Munich, Germany)Abstractp.102002年05月-

Enzymatic Synthesis of α-Arbutin by α-Anomer-Selective Glucosylation of Hydroquinone Using Lyophilized Cells of <I>Xanthomonas campestris</I> WU-9701

J. Biosci. Bioeng.93(3)p.328 - 3302002年04月-

生命工学への招待ー基礎と応用ー

朝倉書店p.64 - 682002年04月-

Thermophilic Biodesulfurization of Napthothiophene and 2-Ethylnaphthothiophene by a Dibenzothiophene-Desulfurizing Bacterium, <I>Mycobacterium phlei</I> WU-FI

Appl. Microbiol. Biotechnol.57(2)p.237 - 2402002年03月-

Recycle Use of <I>Sphingomonas</I> sp. CDH-7 Cells for Continuous Degradation of Carbazole in the Presence of MgCl<SUB>2</SUB>

Curr. Microbiol.44(3)p.251 - 2562002年03月-

Cloning and Expression of <I>Aspergillus niger icdA</I> Gene Encoding Mitochondrial NADP<SUP>+</SUP>-Specific Isocitrate Dehydrogenase

J. Biosci. Bioeng.93(22)p.136 - 1442002年03月-

Cloning and Expression of <I>Aspergillus niger icdA</I> Gene Encoding Mitochondrial NaDP<SUP>+</SUP> -Specific Isocitrate Dehydrogenase

J. Biosci. Bioeng.93(2)p.136 - 1442002年02月-

Oxidative Degradation of Dimethyl Sulfoxide by <I>Cryptococcus humicolus</I> WU-2, a Newly Isolated Yeast

J. Biosci. Bioeng.95(1)p.109 - 1112002年02月-

Biodesulfurization of Naphthothiophene and Benzothiophene through Selective Cleavage of Carbon-Sulfur Bonds by <I>Rhodococcus</I> sp. Strain WU-K2R

Appl. Environ. Microbiol.68(8)p.3867 - 38722002年-

Recycle Use of <I>Sphingomonas</I> sp. CDH-7 Cells for Continuous Degradation of Carbazole in the Presence of MgCl2

Curr. Microbiol.44(2)p.251 - 2562002年-

Enzymatic Synthesis of α-Arbutin by α-Anomer-Selective Glucosylation of Hydroquinone Using Lyophilized Cells of <I>Xanthomonas campestris</I> WU-9701

J. Biosci. Bioeng.93(3)p.328 - 3302002年-

Continuous Degradation of Dimethyl Sulfoxide to Sulfate Ion by <I>Hyphomicrobium denitrificans</I> WU-K217

J. Biosci. Bioeng.94(1)p.52 - 562002年-

Enzymatic Synthesis of <I>l</I>-Menthyl α-Maltoside and <I>l</I>-Menthyl α-Maltooligosides from <I>l</I>-Menthyl α-Glucoside by Cyclodextrin Glucanotransferase

J. Biosci. Bioeng.94(2)p.119 - 1232002年-

Thermophilic Biodesulfurization of Naphthothiophene and 2-Ethylnaphthothiophene by a Dibenzothiophene-Desulfurizing Bacterium, <I>Mycobacterium phlei</I> WU-F1

Appl. Microbiol. Biotechnol.58(2)p.237 - 2402001年12月-

ジメチルスルホキシド含有廃水の処理技術

水処理技術42(12)p.563 - 5692001年12月-

Thermophilic Biodesulfurization of Dibenzothiophene and Its Derivatives by <I>Mycobacterium phlei</I> WU-F1

FEMS Microbiol. Lett.204(1)p.129 - 1332001年09月-

中等度好熱性ジベンゾチオフェン脱硫細菌<I>Bacillus subtilis</I> WU-S2Bにおける脱硫遺伝子のクローニング

日本農芸化学会大会講演要旨集p.1532001年03月-

中等度好熱性ジベンゾチオフェン脱硫細菌<I>Bacillus subtilis</I> WU-S2BからのBdsCの精製と諸性質

日本農芸化学会大会講演要旨集p.1542001年03月-

中等度好熱性ジベンゾチオフェン脱硫細菌<I>Bacillus subtilis</I> WU-S2BからのBdsAの精製と諸性質

日本農芸化学会大会講演要旨集p.1542001年03月-

中等度好熱性ジベンゾチオフェン脱硫細菌<I>Mycobacterium phlei</I> WU-F1によるアルキル化ナフトチオフェンの脱硫

日本農芸化学会大会講演要旨集p.1542001年03月-

ジメチルスルホキシドの連続的微生物処理

日本農芸化学会大会講演要旨集p.2572001年03月-

マルトオリゴ糖を付加したメントール配糖体の酵素的合成

日本農芸化学会大会講演要旨集p.3052001年03月-

<I>Xanthomonas campestris</I> WU-9701 由来のグルコース転移酵素を用いたヒドロキノンのαーアノマー選択的グルコシル化によるαーアルブチンの高収率合成

日本化学会弟79春季年会講演要旨集p.8932001年03月-

<I>Xanthomonas campestris</I> WU-9701 由来のαーアノマー選択的グルコシル化を触媒するグルコース転移酵素の精製および酵素的諸性質の検討

日本化学会弟79春季年会講演要旨集p.8932001年03月-

Biodesulfurization of Dibenzothiophene and Its Derivatives through the Selective Cleavage of Carbon-Sulfur Bonds by a Moderately Thermophilic Bacterium <I>Bacillus subtilis</I> WU-S2B

J. Biosci. Bioeng.91(3)p.262 - 2662001年03月-

Simple Method for Measurement of Numbers of Microorganisms in the Long-Term Stockpiles of Crude Oil

Proceedings of the 7th International Conference on Stability and Handling of Liquid Fuels (Graz, Austria); U. S. Department of Energy, Washington, DC, USAVol. 1p.313 - 3202001年01月-

α-Anomer-Selective Glucosylation of (+)-Catechin by the Crude Enzyme, Showing Glucosyl Transfer Activity, of <I>Xanthomonas campestris</I> WU-9701

J. Biosci. Bioeng.90(6)p.625 - 6302000年12月-

Cloning and Analysis of the Gene Encoding <I>Aspergillus niger</I> Alternative Oxidase (<I>aox1</I>)

2000 International Chemical Congress of Pacific Basin SocietyAbstract2000年12月-

Biodegradation of Dimethyl Sulfoxide in Wastewater

2000 International Chemical Congress of Pacific Basin SocietyAbstract2000年12月-

Construction of a New Shuttle Vector Based on the Determination of Nucleotide Sequence Related to the Plasmid Replication Region in <I>Enterococcus faecalis</I>

2000 International Chemical Congress of Pacific Basin SocietyAbstract2000年12月-

α-Anomer-Selective Glucosylation of <I>l</I>-Menthol and (+)-Catechin Using <I>Xanthomonas campestris</I> WU-9701

2000 International Chemical Congress of Pacific Basin SocietyAbstract2000年12月-

Biodesulfurization of Dibenzothiophene and Its Derivatives by Moderately Thermophilic Bacteria Newly Isolated

The 8th Joint Saudi-Japanese Lecture Series on Biotechnology (Riyadh)Abstractp.13 - 202000年11月-

Contribution of Cyanide-Insensitive Respiratory Pathway, Catalyzed by the Alternative Oxidase, to Citric Acid Production in <I>Aspergillus niger</I>

Biosci. Biotechnol. Biochem. 64(10)p.2034 - 20392000年10月-

Cloning and Expression of Cyanide-Insensitive Alternative Oxidase Gene (aox1) from a Citric-Acid Producing Strain of <I>Aspergillus niger</I> WU-2223L

International Symposium on Molecular Biology of Filamentous Fungi, AspergilliAbstractp.262000年10月-

Simple Method for Measurement of Numbers of Microorganisms in the Long-Term Stockpiles of Crude Oil

IASH 2000, the 7th International Conference on Stability and Handling of Liquid Fuels (Graz)Abstractp.352000年09月-

新規脱硫細菌<I>Bacillus licheniformis</I> WU-GOR1によるナフトチオフェンの分解

日本生物工学会大会講演要旨集p.872000年08月-

備蓄原油中に存在する微生物数の測定

日本生物工学会大会講演要旨集p.1312000年08月-

<I>Xanthomonas campestris</I> WU-9701由来のαーアノマー選択的グルコシル化を触媒するα-glucosidaseの精製および酵素的諸性質の検討

日本生物工学会大会講演要旨集p.2312000年08月-

<I>Xanthomonas campestris</I> WU-9701 由来の酵素を用いたヒドロキノンのαーアノマー選択的グルコシル化によるαーアルブチンの合成

日本生物工学会大会講演要旨集p.2312000年08月-

<I>Xanthomonas campestris</I> WU-9701由来の酵素を用いたカテキンα-グルコシドのアノマー選択的合成

日本化学会第78春季年会p.7932000年03月-

微生物酵素を利用した食品の生産ー発酵からバイオグリーンテクノロジーへの展開

化学教育講習会/ 日本化学会関東支部講演要旨集p.14 - 162000年03月-

シアン非感受性呼吸系酵素 alternative oxidaseをコードする染色体遺伝子<L> aox1 </L>の解析

日本農芸化学会大会講演要旨集p.1082000年03月-

微生物によるジメチルスルホキシドの酸化分解

日本農芸化学会大会講演要旨集p.1912000年03月-

Alteromonas </L>sp. E-1由来のネオアガロテトラオースおよびネオアガロヘキサオース生産型菌体外βーアガラーゼ(AGA・, AGA・)の精製と諸性質

日本農芸化学会大会講演要旨集p.2362000年03月-

Mycobacterium phlei </L>WU-F1 によるジベンゾチオフェンの高温脱硫

日本農芸化学会大会講演要旨集p.3852000年03月-

カルバゾール分解におけるマグネシウムイオン存在下での <L>Sphingomonas </L>sp. CDH-7 休止菌体の再利用

日本農芸化学会大会講演要旨集p.3922000年03月-

α-Anomer-Selective Glucosylation of Menthol with High Yield through a Crystal Accumulation Reaction Using Lyophilized Cells of <I>Xanthomonas campestris</I> WU-9701

J. Biosci. Bioeng.89(2)p.138 - 1442000年02月-

微生物酵素を利用した食品の生産-発酵からバイオグリーンテクノロジーへの展開

化学と教育48(2)p.133 - 1352000年01月-

Amylose-like Polysaccharide Accumulation and Hyphal Cell-Surface Structure in Relation to Citric Acid Production by <I>Aspergillus niger</I> in Shake Culture

Appl. Microbiol. Biotechnol.52; 4, pp. 421-4281999年10月-

Selective and Continuous Degradation of Carbazole Contained in Petroleum Oil by Resting Cells of <L>Sphingomonas </L>sp. CDH-7

Biosci. Biotechnol. Biochem.63; 9, pp. 1563-15681999年09月-

Cloning and Sequencing of the Chromosomal DNA and cDNA Encoding the Mitochondrial Citrate Synthase of <L>Aspergillus niger </L>WU-2223L

J. Biosci. Bioeng.88; 3, pp. 237-2431999年09月-

<I>Sphingomonas</I> sp. の休止菌体におけるカルバゾール分解活性の回復法

日本生物工学会大会pp. 3131999年09月-

Anomer-Selective and High Yield Synthesis of <I>l</I>-Menthylα-D-Glucopyranoside by a Microbial Reaction System

BIOTRANS'99/ Giardini Naxos-Taormina, Italypp. 791999年09月-

Determination of Nucleotide Sequence Related to the Plasmid Replication Region in <L>Enterococcus faecalis </L>and Its Application to a New Shuttle Vector

J. Biosci Bioeng.87; 5, pp. 566-5711999年06月-

Anomer-Selective Synthesis and Crystal Accumulation of <I>l</I>-Menthylα-D-Glucopyranoside by a Novel Reaction System

3rd Carbohydrate Bioengineering Meeting/ Newcastle, Englandpp. 1.51999年04月-

Cloning and Expression of the cDNA Encoding an Alternative Oxidase Gene from <I>Aspergillus niger</I>

Curr. Genet.34; 6, pp. 472-4771999年03月-

Purification and Characterization of a Novelβ-Agarase from an Alkalophilic Bacterium, <I>Alteromonas</I> sp. E-1

J. Biosci. Bioeng.87; 4, pp. 436-4411999年03月-

結晶蓄積型反応系によるアノマー選択的メントール配糖体の酵素的合成

日本農芸化学会大会pp. 2961999年03月-

新規耐熱性細菌によるジベンゾチオフェンの脱硫

日本農芸化学会大会pp. 3841999年03月-

結晶蓄積型新規微生物反応によるメントール配糖体のアノマー選択的合成

日本化学会第76春季年会pp. 12151999年03月-

Citric Acid Production from Xylan and Xylan Hydrolysate by Semi-Solid Culture of <I>Aspergillus niger</I>

Biosci. Biotechnol. Biochem.63; 1, pp. 226-2281999年01月-

新「化学と工業」のロマン

化学と工業52; 1, pp. 5-71999年01月-

芳香族化合物汚染環境のバイオレメディエーション

水処理技術39; 11, pp. 535-5441998年11月-

新規耐熱性細菌におけるジベンゾチオフェンの脱硫

石油学会大会pp. 2421998年10月-

凍結乾燥菌体を利用したメントールのアノマー選択的グルコシル化

日本生物工学会大会pp. 1341998年09月-

クエン酸生産菌<I>Aspergillus niger</I>における多糖蓄積と細胞表層状態

日本生物工学会大会pp. 1911998年09月-

クエン酸生産糸状菌<I>Aspergillus niger</I>におけるシアン非感受性呼吸系酵素(alternative oxidase)の遺伝子転写量変化

日本生物工学会大会pp. 2981998年09月-

Anomer-Selective Glucosylation of <L>l </I>-Menthol by Yeast α-Glucosidase

Biosci. Biotechnol. Biochem.62; 7, pp. 1332-13361998年07月-

Citric Acid Production from Cellulose Hydrolysate by a 2-Deoxyglucose-Resistant Mutant Strain of <I>Aspergillus niger</I>

Bioresource Technol.66; 3, pp. 271-2741998年06月-

α-グルコシダーゼによるメントールの立体選択的グルコシル化

日本農芸化学会大会pp. 51998年04月-

非海洋性細菌<I>Alteromonas</I> sp. E-1の生産するネオアガロビオース生成型β-アガラーゼの精製と諸性質

日本農芸化学会大会pp. 2321998年04月-

Anomer-Selective Glucosylation of <I>l</I>-Menthol Using Lyophilized Cells of <I>Saccharomyces cerevisiae</I>

J. Ferment. Bioeng.85;4、PP436-4381998年03月-

酵母<I>Saccharomyces cerevisiae</I>の凍結乾燥菌体を用いたメントールのアノマー選択的グルコシル化

日本化学会第74春季年会PP13421998年03月-

Enzymatic Synthesis of Terpenyl Esters by Transesterification with Fatty Acid Vinyl Esters as Acyl Donors by <I>Trichosporon fermentans</I> Lipase

World J. Microbiol. Biotechnol.14;2、PP219-2221998年02月-

<I>Aspergillus niger</I>の半固体培養によるバガス加水分解物からのクエン酸生産

日本生物工学会大会PP1041997年09月-

原油中に含まれる難除去性芳香族窒素化合物の<I>Sphingomonas sp.</I>による選択的分解

日本生物工学会大会PP2541997年09月-

原油中に含まれる難除去性芳香族窒素化合物の微生物分解

日本生物工学会東日本支部「生物工学フォーラム」PP9-101997年08月-

Cloning and Sequencing of the cDNA Encoding Lipase I from <I>Trichosporon fermentans</I> WU-C12

FEMS Microbiol. Lett.152;2、PP183-1881997年07月-

クエン酸生産糸状菌<I>Aspergillus niger</I>のシアン非感受性呼吸系酵素(alternative oxidase)遺伝子のクローニング

日本農芸化学会大会PP641997年04月-

クエン酸生産糸状菌<I>Aspergillus niger</I>におけるシアン非感受性呼吸系酵素のミトコンドリア局在性

日本農芸化学会大会PP2171997年04月-

Breeding of starch-utilizing and itaconic-acid-producing koji molds by interspecific protoplast fusion between <I>Aspergillus terreus</I> and <I>Aspergillus usamii</I>

Appl.Microbiol.Biotechnol.47;21997年03月-

酵母由来α−グルコシダーゼを使用したメント−ルの配糖化

日本化学会第72春季年会1997年03月-

Cloning and sequencing of cDNAs encoding citrate synthase and NADP<SUP>+</SUP>-specific isocityate dehydrogenase from <I>Aspergillus niger</I>

19th Fungal Genetics Conference1997年03月-

Neoagarobiose as a novel moisturizer with whitening effect

Biosci.Biotech.Biochem.61;11997年01月-

Anomer Selective formation of l-menthylα-D-glucopyranoside byα-glucosidase-catalyzed reaction

Biosci.Biotech.Biochem.60;111996年11月-

<I>Aspergillus niger</I>の半固体培養によるキシランからのクエン酸生産

日本生物工学会大会1996年10月-

クエン酸生産菌<I>Aspergillus niger</I>由来のイソクエン酸脱水素酵素cDNA及び染色体DNAのクローニングと塩基配列の決定

日本生物工学会大会1996年10月-

不完全酵母<I>Trichosporon fermentans</I>のリパーゼをコードするcDNAのクローニング

日本生物工学会大会1996年10月-

寒天分解細菌<I>Pseudomonas</I> sp.E-2の生産するネオアガロビオースハイドロラーゼの精製と諸性質

日本生物工学会大会1996年10月-

原油中に含まれる難除去性芳香族窒素化合物の休止菌体を利用した微生物分解

日本生物工学会大会1996年10月-

日本化学会第70春季年会

バイオサイエンスとインダストリー54;71996年07月-

Purification and Characterization of an extracellular β-glucosidase from the wood grown fungus <I>Xylaria regalis</I>

Current Microbiol.33;31996年06月-

Enhancement and repression of cyanide-insensitive respiration in <I>Aspergillus niger</I>

FEMS Microbiol.Lett.141;31996年05月-

Direct Production of citric acid from starch by a 2-deoxyglucose-resistant mutant strain of <I>Aspergillus niger</I>

J. Ferment. Bioeng.81;41996年03月-

Citric acid accumulation by cycloheximide-sensitive mutant strains of <I>Aspergillus niger</I>

Appl. Microbiol. Biotechnol.45;1/21996年02月-

難分解性有機化合物を含む廃水の微生物処理

水処理技術37;11996年01月-

α−グルコシダーゼを利用したメンチルグルコシドの合成

日本生物工学会大会1995年11月-

<I>Trichosporon fermentans</I>リパーゼによるテルペンアルコールエステルの合成

日本生物工学会大会1995年11月-

乳酸菌<I>Enterococcus faecalis</I>における宿主−ベクター系の開発

日本生物工学会大会1995年11月-

<I>Enterococcus faecalis</I>のarcオペロンの塩基配列決定と解析

日本生物工学会大会1995年11月-

<I>Aspergillus niger</I>のcitrate synthaseをコードするcDNAのクローニング

日本農芸化学会大会1995年08月-

糸状菌<I>Aspergillus niger</I>アポチトクロムb遺伝子のクローニングと塩基配列決定

日本農芸化学会大会1995年08月-

<I>Aspergillus niger</I>の2-deoxyglucose耐性変異株によるセルロース加水分解物からのクエン酸生産

日本農芸化学会大会1995年08月-

日本化学会第69春季年会

バイオサイエンスとインダストリー1995年06月-

Isolation of bacteria degrading carbazole under microaerobic conditions, i.e. nitrogen gas substituted conditions

Biosci. Biotech. Biochem.59;51995年05月-

鉄酸化細菌の固定化による第一鉄イオンの連続酸化

水処理技術34/4,163-1661993年-

化学無機独立栄養細菌の鉱工業における利用

微生物5/6,562-5721989年-

書籍等出版物

Future Directions in Biocatalysis,2nd ed

Tomoko.matsuda(共著)

Elsevier, London2017年 08月-2017年 08月

詳細

単行本(学術書)総ページ数:460担当ページ数:pp135-147ISBN:9780444637505

概要:Enzymatic Kolbe-Schmitt Reaction for the Syntheses of Value-Added CompoundsEnzymatic Kolbe-Schmitt Reaction for the Syntheses of Value-Added Compounds...Enzymatic Kolbe-Schmitt Reaction for the Syntheses of Value-Added Compounds: Use of Biocatalysis for Carboxylation of Organic Compounds and Bioproduction

食と微生物の事典

北本勝ひこ(共著)

朝倉書店2017年 07月-

詳細

事典・辞書総ページ数:490担当ページ数:p. 158-159ISBN:9784254431216

概要:食品に添加する有機酸をつくる微生物

ゲルの安定化と機能性付与・次世代への応用開発 (分担執筆 p.127-131)

桐村 光太郎, 小林 慶一, 井手 浩平

株式会社 技術情報協会2013年 12月-

Comprehensive Biotechnology, 2nd edition( "Citric Acid",p.135-142)

Kohtaro Kirimura,Takasumi Hattori,Yuki Honda

Elsevier2011年 09月-

詳細

ISBN:978-0444533524

Comprehensive Biotechnology, 2nd edition( "Gluconic and Itaconic Acids",p.143-147)

Kohtaro Kirimura, Takasumi Hattori, Yuki Honda

Elsevier2011年 09月-

詳細

ISBN:978-0444533524

決定版 感動する化学—未来をひらく化学の世界 (共編)

東京書籍2010年 03月-

詳細

ISBN:978-4-487-80409-2

微生物の事典 (分担執筆, 微生物脱硫の項)

朝倉書店2008年 09月-

詳細

ISBN:978-4-254-17136-5

生物工学ハンドブック (分担執筆)

コロナ社2005年 06月-

詳細

ISBN:4-339-06734-2

化学ってそういうこと! 夢が広がる分子の世界 (共編)

化学同人2003年 03月-

詳細

ISBN:4-7598-0933-3

発酵ハンドブック (分担執筆、シュウ酸発酵の項)

共立出版2001年 07月-

詳細

ISBN:4-320-05575-6

化学・意表を突かれる身近な疑問 (分担執筆)

講談社2001年 07月-

詳細

ISBN:4-06-257336-9

バイオサイエンスで健康を考える (共編著)

丸善1994年 09月-

詳細

ISBN:4-621-03992-X

くすりを探る (共編著)

丸善1995年 06月-

詳細

ISBN:4-621-04066-9

映画の中の化学 (共著)

丸善1995年 09月-

詳細

ISBN:4-621-04090-1

味の秘密をさぐる (共編著)

丸善1996年 08月-

詳細

ISBN:4-621-04240-8

生物工学ハンドブック (分担執筆)

コロナ社2005年 06月-

詳細

ISBN:4339067342

生命工学への招待−基礎と応用− (共著)

朝倉書店2002年 04月-

詳細

ISBN:4-254-17109-9

化学ってそういうこと! 夢が広がる分子の世界 (共編)

化学同人2003年 03月-

詳細

ISBN:4-7598-0933-3

発酵ハンドブック (分担執筆、クエン酸発酵、シュウ酸発酵の項)

共立出版2001年 07月-

詳細

ISBN:4-320-05575-6

化学・意表を突かれる身近な疑問 (分担執筆)

講談社ブルーバックス2001年 07月-

詳細

ISBN:4-06-257336-9

特許

整理番号:26

短鎖脂肪酸エステルの製造方法(日本)

木野 邦器, 桐村 光太郎, 宇佐美 昭次

特願2000- 35650、特開2001-218592

整理番号:112

糖転移反応を触媒する新規な酵素をコードする遺伝子および当該酵素の製造方法(日本, PCT)

桐村 光太郎, 宇佐美 昭次, 木野 邦器, 佐藤 利行

特願2002-054853、特開2003-250559

整理番号:128

芳香族アミノ酸のラセミ化方法、芳香族アミノ酸の光学活性体の製造方法並びに芳香族ア(日本)

木野 邦器, 桐村 光太郎, 宇佐美 昭次

特願2002-215632、特開2004-570414

整理番号:147

変異制限酵素(日本)

木野 邦器, 桐村 光太郎, 宇佐美 昭次, 神垣 清威, 栗村 啓之

特願2002-064546、特開2003-259876

整理番号:194

サリチル酸、2,3-ジヒドロキシ安息香酸、またはγ-レゾルシン酸の製造方法(日本)

桐村 光太郎, 荒井 直樹, 石井 義孝, 木野 邦器

特願2002-257994、特開2004- 89132、特許第4266296号

整理番号:195

複素環硫黄化合物の分解方法(日本)

石井 義孝, 小崎 慎矢, 桐村 光太郎, 木野 邦器

特願2002-257993、特開2004- 89131

整理番号:239

マルトースホスホリラーゼによる配糖体の製造方法(日本)

木野 邦器, 桐村 光太郎, 清水 木綿

特願2002-378818、特開2004-208507、特許第4219678号

整理番号:281

脱硫関連酸化還元酵素をコードする遺伝子および取得方法(日本)

桐村 光太郎, 辻 寛子, 石井 義孝, 古屋 俊樹, 木野 邦器

特願2003-081256、特開2004-283120

整理番号:324

γ-レゾルシン酸又は2、3-ジヒドロキシ安息香酸の製造方法(日本)

桐村 光太郎, 成松 由規, 草井 啓, 石井 義孝, 木野 邦器

特願2003-359110、特開2005-118002、特許第4449406号

整理番号:646

芳香族ヒドロキシカルボン酸合成能を有する新規微生物及び該微生物又は該微生物が産生するタンパク質を用いた芳香族ヒドロキシカルボン酸の製造方法(日本)

桐村 光太郎, 木野 邦器, 石井 義孝, 岩崎 勇一郎, 郡司 裕朗, 若山 瑠美子

特願2007- 42770、特開2008-200010、特許第5126808号

整理番号:1296

3,6-アンヒドロ-L-ガラクトース生成酵素(日本)

桐村 光太郎

特願2012-123694、特開2013-247884、特許第6074788号

整理番号:1312

クエン酸特異的蛍光センサータンパク質及びこれを用いるクエン酸の測定方法(日本)

桐村 光太郎, 本田 裕樹

特願2012-254500、特開2014-100100

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

輸送系の改変による有用有機酸高生産のための糸状菌セルファクトリの創製

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥5070000

研究種別:

バイオベース有機酸生産のための代謝工学的機能改変による糸状菌セルファクトリの創製

2010年-0月-2013年-0月

配分額:¥4680000

研究種別:

中等度好熱性細菌を利用した微生物脱硫と高機能脱硫細菌の創製

配分額:¥3600000

研究種別:

配糖体合成における新規グルコース縮合酵素の探索と有用配糖体の生産研究

配分額:¥3200000

研究種別:

ダイナミックな分子デザインと変異集積による制限酵素の改変

配分額:¥1800000

研究種別:

糸状菌由来のシアン非感受性呼吸系酵素遺伝子を利用した大腸菌の代謝機能改変

配分額:¥1000000

研究種別:

糸状菌におけるクエン酸生産関連酵素の遺伝子工学を利用した機能解析

配分額:¥1900000

研究種別:

クエン酸生産糸状菌におけるオリゴマイシン耐性変異株のミトコンドリア遺伝子解析

配分額:¥1000000

研究種別:

プロトプラスト融合法により作成した異属間雑種糸状菌のDNA構成と表現型

配分額:¥900000

研究種別:

新規な生分解性界面活性物質の酵素法による合成

配分額:¥1400000

研究資金の受入れ状況

提供機関:文部科学省

生理活性素材開発1996年-2000年

提供機関:文部科学省

微生物機能を利用した資源循環型水環境プロセスの構築1999年-2003年

実施形態:共同研究

石油の微生物脱硫1993年-2004年

実施形態:受託教育

酵素を利用したメントール配糖体の生産1996年-2004年

実施形態:受託教育

備蓄原油中の微生物生態調査1994年-2003年

学内研究制度

特定課題研究

生合成リデザインによるⅢ型ポリケタイド合成酵素を活用した新規機能性分子の生産

2017年度

研究成果概要:本研究では、III 型ポリケチド合成酵素(以下III 型PKS)を活用した新規機能性分子の生産に関する研究を実施した。糸状菌由来のIII型PKS遺伝子をクローニングし、大腸菌で当該遺伝子を高発現させることで新規な特徴を明らかにした...本研究では、III 型ポリケチド合成酵素(以下III 型PKS)を活用した新規機能性分子の生産に関する研究を実施した。糸状菌由来のIII型PKS遺伝子をクローニングし、大腸菌で当該遺伝子を高発現させることで新規な特徴を明らかにした。当該酵素は種々のアシルCoA を開始基質として利用可能で、従来の糸状菌由来III型PKSとは異なる機能を有していることを明らかにした。また、試験管内での酵素反応系リデザインにより新規機能性分子の生産について検討した[1]。一方、新規酵素の候補として新規なネオアガロオリゴ糖加水分解酵素[2]やネオアガロビオース生成型の新規アガロース加水分解酵素[3]を精製し、酵素的諸性質を明らかにした。

糸状菌によるバイオベース有用有機酸高効率生産を目的とした有機酸輸送系の機能改変

2017年度

研究成果概要: 本研究では、Aspergillus niger(クロコウジカビ)の有機酸輸送系の観点からクエン酸やシュウ酸生産の改変を目的とした研究を実施した。申請者らは、供試菌としてWU-2223L株(原株)を使用し、ミトコンドリア膜局在型の... 本研究では、Aspergillus niger(クロコウジカビ)の有機酸輸送系の観点からクエン酸やシュウ酸生産の改変を目的とした研究を実施した。申請者らは、供試菌としてWU-2223L株(原株)を使用し、ミトコンドリア膜局在型の有機酸輸送系の1つ(仮称CXXA)に着目し、相当する遺伝子の破壊株(ΔcxxA)を作製した。ΔcxxAの表現型は原株のそれと同一であった。しかし、所定時間培養後のクエン酸生産量はΔcxxAでは約56%に激減していた。これは、CXXAをコードする遺伝子がクエン酸高生産に関与していることを明示した初めての成果である[1]。さらに、有機酸生産に有用なreversibledecarboxylaseの機能を検証し[2]、シアン非感受性呼吸系酵素遺伝子とオキサロ酢酸加水分解酵素遺伝子を高発現させた株による高効率シュウ酸生産株の創製に成功した[3]。

化石燃料の前処理を目的とした脱硫微生物の探索と能力評価

1995年度

研究成果概要: 現在,化石燃料中の硫黄分の燃焼により発生する硫黄酸化化合物は,大気汚染や酸性雨の原因となるため,環境保全の観点から問題視されている。化石燃料の燃焼前の脱硫も実施されているが,ジベンゾチオフェン(以下DBTと略)のような芳香族硫... 現在,化石燃料中の硫黄分の燃焼により発生する硫黄酸化化合物は,大気汚染や酸性雨の原因となるため,環境保全の観点から問題視されている。化石燃料の燃焼前の脱硫も実施されているが,ジベンゾチオフェン(以下DBTと略)のような芳香族硫黄化合物は除去が困難である。さらに脱硫処理は高温高圧条件下で行われる物理化学的プロセスに依存しており,地球環境への負荷も大きい。このような背景から,省資源・省エネルギー的プロセスとしての微生物を利用した生物化学的脱硫技術の開発にも期待が寄せられている。 本研究においては,難分解性の有機硫黄化合物のモデルとしてDBTを使用して,硫黄を遊離する微生物を探索した。日本各地の各種土壌や原油スラッジを試料として,DBTを唯一の硫黄源として利用可能な微生物を集積し,純粋分離して数種の細菌を取得した。酸素を利用して酸化的にDBTを利用する細菌としてはGordona属のMX-1株が優良株であるり,培養に伴い50mg/lのDBTを3日間でほぼ完全に分解した。またDBTの消費量と比例して2-ヒドロキシビフェニルの蓄積が認められたため,分解経路はDBT,DBTスルホン,2-スルホビフェニルを経由して硫酸イオンとして硫黄原子が酸化されたものと判断された。なおMX-1株は好アルカリ性細菌であることも判明し,新規な脱硫プロセスに利用可能と考えられる。 一方,窒素置換した条件下でDBT分解を行う微生物も取得した。酸素非存在下での脱硫は爆発等の危険を回避しうるため望ましいものであるが,取得した微生物の菌学的同定は現在進めている途中で,DBT分解経路に関する詳細は不明である。100mg/lのDBTを2週間で40%,1g/lのチオフェンカルボン酸を4週間で完全に分解する細菌も取得されており,多様な条件下での微生物脱硫の可能性を示唆する結果が得られた。

バイオレメディエーションを目的としたカルバゾール分解微生物の探索と利用

1996年度

研究成果概要: 原油中に含まれる芳香族窒素化合物の代表的なものにカルバゾールがあり、石油精製の脱硫工程においても除去されずに残留する。このような有機窒素化合物は燃焼によりNOX生成の原因物質となるため、環境汚染防止の観点から除去方法の確立が望ま... 原油中に含まれる芳香族窒素化合物の代表的なものにカルバゾールがあり、石油精製の脱硫工程においても除去されずに残留する。このような有機窒素化合物は燃焼によりNOX生成の原因物質となるため、環境汚染防止の観点から除去方法の確立が望まれている。また、カルバゾールおよびその誘導体は染料や樹脂の原料としても使用されており、地下水や土壌への蓄積も明らかになり環境保全の観点から問題視されている。高等動物の臓器や神経に障害を与えるため、環境中に放出されたカルバゾールの効率的除去方法の確立も必要であり、バイオレメディエーションに期待が寄せられている。そこで、本研究においてはカルバゾールを分解する微生物を探索し、分解代謝経路を明らかにして能力を評価した。 カルバゾールを唯一の窒素源とした合成培地を使用して5株の分解細菌を取得した。代表細菌CDH-7はグラム陰性で運動性を示し、細菌学的同定試験よりSphingomonas sp.と判明した。CDH-7は培養に伴い500mg/lのカルバゾールを2日間で完全に分解し、極めて優れた能力を有することが判明した。さらに培養過程ではアントラニル酸が検出されたものの最終的にはこれも消失し、アンモニウムイオンへと無機化された。カルバゾール分解代謝経路としては、ジオキシゲナーゼによる酸化反応を経て炭素・窒素間の結合が開裂してから芳香環が酸化され、アントラニル酸を経由してアミノ基がアンモニア態へと変化することが明らかになった。当該反応では有毒中間体の蓄積がない完全分解が可能であるため、CDH-7を休止菌体(増殖させない条件下で酵素活性を機能させる)反応に利用した。すなわち、30時間培養して調製した菌体を緩衝液で数回洗浄したのち、100mg/lのカルバゾールに作用させた場合、30分で完全に消失した。この反応は10回の繰り返しが可能で、約24時間活性も維持された。ケロシン(灯油)存在下での反応も速やかに進行した。

バイオレメディエーションを目的とした石油分解微生物の探索と能力評価

1997年度

研究成果概要:海洋や土壌の汚染物質を分解または吸収する機能を有する微生物を利用して自然環境の保全または浄化を行うことが全世界的に検討され始めている。このような生物的環境浄化は病んだ地球を治癒するとの発想から、バイオレメディエーションと称されてい...海洋や土壌の汚染物質を分解または吸収する機能を有する微生物を利用して自然環境の保全または浄化を行うことが全世界的に検討され始めている。このような生物的環境浄化は病んだ地球を治癒するとの発想から、バイオレメディエーションと称されている。本研究においては、流出原油の微生物処理を目的として、新規な石油分解微生物の探索を行った。 日本各地の海水、河川水、土壌、備蓄原油等を試料として、ケロシン(灯油)を唯一の炭素源とする集積培養を行い、石油分解能力を示す微生物の一次選択を行った。二次選択では、栄養分を含む寒天培地上に石油を塗布し、一次選択で集積した微生物の培養液を接種して好気および嫌気条件下で培養を行い、微生物集落周辺の石油が消失しているものを選択した。取得した微生物は単離して微生物学的同定を行った。単離した微生物に関しては、ヘキサデカン(炭素数18)の資化性を調べ、石油分解能力の指標とした。以上の微生物探索によって、多種類の微生物が取得され、石油分解能力が高いものとしては、Pseudomonas putida, Pseu domonas sp., Rhodococcus erythropolis, Gordona sp., Enterobacter cloacae, Sphingomonas sp., Bacillus sp.等の細菌が選択された。一方、原油に含まれるカルバゾールは難除去性の有機窒素化合物であり、流出原油事故ののちに環境に残留するため分解除去能力を示す微生物の取得が望まれていた。そこで、カルバゾール分解能力を示す細菌を上記の石油分解微生物群からあらためて選択したところ、Sphingomonas sp. CDH-7が最高の能力を示し、500 mg/lのカルバゾールを含む液体培地で好気的に培養すると3日間で完全にカルバゾールを分解除去することが確認された。また。当該細菌をあらかじめ培養して非増殖状態として、100 g/lの濃度でカルバゾールを逐次添加した場合には、9回目までは完全分解が認められ、カルバゾールはアンモニアにまで無機化された。このような性質は実際の流出原油の処理に極めて有用と考えられる。研究成果の発表:1997年9月、桐村光太郎、他、原油中に含まれる難除去性芳香族窒素化合物のSphingomonas sp.による選択的分解、平成9年度日本生物工学会大会講演要旨集、p. 254.

バイオレメデ ィエーションを目的とした有機窒素化合物分解微生物の探索と分解試験

1998年度

研究成果概要: タンカーの座礁や石油パイプライン事故の数は増加傾向にあり、これらの人為的災害によって流出した石油は世界的には年間数百万トンと見積もられている。石油中の成分としては、揮発成分が消失したのちに残留する成分に毒性の強いものが多く、代表... タンカーの座礁や石油パイプライン事故の数は増加傾向にあり、これらの人為的災害によって流出した石油は世界的には年間数百万トンと見積もられている。石油中の成分としては、揮発成分が消失したのちに残留する成分に毒性の強いものが多く、代表例として、多環芳香族化合物や含窒素有機化合物、含硫有機化合物がある。これらは自然界において残留性が高いため、石油流出事故が起こった土壌では長期間にわたって汚染が継続することになるが適切な処理方法は確立されていない。筆者らは、生物機能を利用した環境浄化、いわゆるバイオレメディエーションに関する研究を進めている。本研究においては、難除去性有機窒素化合物のモデルであるカルバゾールを分解する微生物を探索し、分解試験を行った。 日本各地の土壌や備蓄原油、海水、河川水、等を試料として、カルバゾール分解微生物を探索した。得られた微生物からカルバゾール分解能力が高いものを選抜し、最優良菌株としてグラム陰性細菌の一種Sphingomonas sp. CDH-7を取得した。CDH-7はカルバゾールをアントラニル酸を経てアンモニアにまで無機化するが、有害な中間体を蓄積しない。また、他の有機化合物存在下においても選択的にカルバゾールを分解するとともに、アントラセンやフルオレン、ジベンゾフランなどが共存した場合にも分解能力は低下しなかった。細胞の増殖をともなわない休止菌体反応により連続的分解試験を行った場合、48時間で2200 mg/lのカルバゾール分解が可能であり、約90%をアンモニアにまで無機化することが可能であった。以上の性質は、CDH-7がバイオレメディエーションに適した細菌であることを示唆する。

クエン酸生産機構の改変を目的としたシアン非感受性呼吸系酵素の遺伝子破壊

2000年度

研究成果概要: クエン産生産糸状菌Aspergillus niger(クロコウジカビ)はミトコンドリア内に2つの呼吸経路を有している。1つは通常のチトクロム系であり、他方はシアンに非感受性でサリチルヒドロキサム酸(SHAM)に感受性の呼吸系であ... クエン産生産糸状菌Aspergillus niger(クロコウジカビ)はミトコンドリア内に2つの呼吸経路を有している。1つは通常のチトクロム系であり、他方はシアンに非感受性でサリチルヒドロキサム酸(SHAM)に感受性の呼吸系である。チトクロム鎖の阻害剤であるアンチマイシンAを添加して培養すると、A. nigerの菌体量は減少するが、菌体量当たりのクエン酸生産量は増大した。一方、シアン非感受性呼吸経路の阻害剤であるSHAMを添加して培養すると、菌体量は変化しないにもかかわらずクエン酸生産量は著しく減少した。これらのことから、シアン非感受性呼吸系はクエン酸生産に大きく貢献する呼吸系であることを明らかにした。そこで、シアン非感受性呼吸系酵素の機能を遺伝子レベルで検討することを目的として、A. nigerにおけるシアン非感受性呼吸系が1つの酵素すなわちalternative oxidaseによって触媒されていることを明らかにした。当該酵素をコードする遺伝子をクローニングしてcDNAの塩基配列を決定し、352アミノ酸をコードする1257 bpの読み取り枠(ORF)の構造を明らかにした。当該遺伝子は、高等植物Sauromatum guttatum や酵母Hansenula anomala由来のものとはアミノ酸レベルでそれぞれ50%、52%の相同性を示す。当該遺伝子のORFを大腸菌用の発現ベクターpkk223-3にサブクローニングして大腸菌に導入すると、形質転換体はシアン非感受性でSHAMに感受性の呼吸を獲得した。さらに、遺伝子の相同組換えを利用してクエン酸生産糸状菌のalternative oxidase遺伝子を破壊したところ、当該遺伝子破壊株は親株と比較して、菌体増殖にはほとんど変化がないにもかかわらずクエン酸生産量が大きく減少することを明らかにした。

中度好熱性細菌を利用した微生物脱硫と高機能脱硫細菌の創製

2002年度

研究成果概要: 石油等の化石燃料には有機硫黄化合物が含まれており、その燃焼によって発生する硫黄酸化物は大気汚染や酸性雨の原因物質となる。このため、日本や欧米では石油(とくにディーゼル燃料となる軽油)中の硫黄含有量については法的規制が強化される方... 石油等の化石燃料には有機硫黄化合物が含まれており、その燃焼によって発生する硫黄酸化物は大気汚染や酸性雨の原因物質となる。このため、日本や欧米では石油(とくにディーゼル燃料となる軽油)中の硫黄含有量については法的規制が強化される方向にあり、現行の500 ppm-Sから2004年には50 ppm-S以下、2007年には15 ppm-S以下への段階的移行が予定されている。軽油中には現行の石油精製工程では除去が困難な有機硫黄化合物が存在し、その代表的なものがジベンゾチオフェン(以下DBT)およびそのアルキル誘導体である。そこで、著者はDBTを唯一の硫黄源として利用可能な新規な好熱性脱硫細菌Bacillus subtilis WU-S2BやMycobacterium phlei WU-F1を単離し、それぞれの増殖菌体と休止菌体が実際の軽油に対して脱硫活性を示すことを確認した。さらに、WU-F1の休止菌体反応では石油精製工程で好適な45℃の条件下で、軽油層と水層の体積比を 1:1 として反応を行い、硫黄分の除去率を検討した。硫黄濃度が異なる3種の軽油を対象とした場合、市販軽油である 390 ppm-SのB-LGOを100 ppm-Sに、120 ppm-SのF-LGOを50 ppm-Sに、また深度脱硫軽油(試作品)である 48 ppm-Sの X-LGOを 10 ppm-Sにまで脱硫可能であることを明らかにした。以上の成果は、WU-F1を生体触媒として利用したバイオ脱硫によって、2007年度に予定されている硫黄分規制値15 ppm-S未満を達成したことを明らかにしたもので極めて意義深い。以上の結果より、WU-F1の優秀性が明らかになったため、当該菌株を宿主とした高機能脱硫細菌の創製を目的とした宿主ーベクター系の開発と形質転換法について検討した。一方、軽油中にはDBT誘導体以外に、非対称分子構造をとるナフトチオフェン(NTH)などの誘導体も含まれている。そこで、NTHを唯一の硫黄源として利用可能な新規な脱硫細菌としてRhodococcus sp. WU-K2Rを単離した。微量分析を駆使した中間代謝産物の解析から、WU-K2Rによる炭素ー硫黄結合を切断する脱硫機構を確定して、NTHについての硫黄原子特異的な分解機構の存在を初めて明らかにした。

新規グルコース転移酵素の機能解析と有用α-グルコシド生産への応用

2004年度

研究成果概要: 生体触媒を利用した立体選択的な反応の開発には新規かつ優良な酵素が必要とされる。著者らは新規なグルコース転移酵素をXanthomonas campestris WU-9701株が生産することを発見し、これを利用した一段階の水系反応... 生体触媒を利用した立体選択的な反応の開発には新規かつ優良な酵素が必要とされる。著者らは新規なグルコース転移酵素をXanthomonas campestris WU-9701株が生産することを発見し、これを利用した一段階の水系反応により効率的なメントール(清涼剤)の酵素的α-グルコシル化に初めて成功した。すなわち、メントールとマルトースを含む水溶液を40度で振とうするだけで、メントールα-グルコシド(α-MenG)を約100%の収率で選択的に合成することを可能にした(J. Biosci. Bioeng., 89, 138-144 (2000))。α-MenGは口中に含むと最初にほのかな甘味を示し、数分後に清涼感を発する性質を有しており、新規な食品素材として期待される。また、飽和濃度を越えてα-MenGが生産されるためこの水系反応は結晶蓄積型の反応として進行し、ろ過するだけでα-MenGを容易に回収することが可能であった。当該酵素を利用した反応は、α-アルブチン(化粧品の美白剤)やオイゲニルα-グルコシド(育毛剤)などの各種有用α-グルコシドの生産にも応用可能であった(J. Biosci. Bioeng., 96, 199-202 (2003))。本研究では、遺伝子をクローニングし塩基配列を決定して当該酵素の一次構造を明らかにするとともに、組換え酵素を利用した効率的なα-グルコシド生産系の開発を行った。当該酵素を精製しそのN末端アミノ酸配列および内部アミノ酸配列情報を基にしてプローブを作製し、X. campestris WU-9701株のDNAライブラリーに対してコロニーハイブリダイゼーションを行い、目的の遺伝子(xgtA)をクローニングした。xgtAは538アミノ酸残基から成る57,000 kDaのタンパク質をコードしており、これは精製酵素の分子量と一致していた。xgtAから推定される一次構造にはα-アミラーゼに共通して存在するモチーフが見出されたが、既知の酵素とは30-35%の相同性を示す程度で、とくにC末端側70アミノ酸残基で構成される領域については他の酵素との相同性は見出されなかった。さらに、xgtAを大腸菌において高発現させることによって、X. campestris WU-9701株と比較して約140倍の比活性を得ることに成功した。この無細胞抽出液を利用してα-MenGやα-アルブチンの生産を行った場合には高収率を維持して短時間で反応が終了することを確認し、効率的なα-グルコシド生産系を確立することに成功した。

中等度好熱性最近を利用した微生物脱硫と高性能脱硫細菌の創製

2004年度

研究成果概要: 石油等の化石燃料には有機硫黄化合物が含まれており、その燃焼によって発生する硫黄酸化物は大気汚染や酸性雨の原因物質となる。このため、日本や欧米では石油(とくにディーゼル燃料となる軽油)中の硫黄含有量については法的規制が強化される方... 石油等の化石燃料には有機硫黄化合物が含まれており、その燃焼によって発生する硫黄酸化物は大気汚染や酸性雨の原因物質となる。このため、日本や欧米では石油(とくにディーゼル燃料となる軽油)中の硫黄含有量については法的規制が強化される方向にあり、2004年には50 ppm-S以下、2007年には15 ppm-S以下への段階的移行が予定されている。軽油中には現行の石油精製工程では除去が困難な有機硫黄化合物が存在し、その代表的なものがジベンゾチオフェン(以下DBT)およびそのアルキル誘導体である。そこで、著者はDBTを唯一の硫黄源として利用可能な新規な好熱性脱硫細菌Bacillus subtilis WU-S2BやMycobacterium phlei WU-F1を単離し、それぞれの増殖菌体と休止菌体が実際の軽油に対して脱硫活性を示すことを確認した。さらに、WU-F1を生体触媒として利用したバイオ脱硫によって、2007年度に予定されている硫黄分規制値15 ppm-S未満を達成している(昨年度の成果も参照)。以上の成果より、B. subtilis WU-S2BとM. phlei WU-F1の優秀性が明らかになったため、当該菌株を宿主とした高機能脱硫細菌の創製を目的としたDBT脱硫遺伝子の解析と宿主ーベクター系の開発について検討した。B. subtilis WU-S2BとM. phlei WU-F1のDBT脱硫に関与する遺伝子オペロンbdsABCをクローニングし塩基配列を決定したところ、異属であるにもかかわらず両者の遺伝子は同一であった。しかし、常温性細菌のDBT脱硫遺伝子とは61%の相同性しか示さず既知の遺伝子との相同性は極めて低いこと、遺伝子系統樹の作成からbdsABCが新規な遺伝子であることが明らかになった。一方、bdsABCを異種の宿主細胞としての大腸菌内で高発現させることにも成功し、高温域を含む30-50度の広範な温度条件下においてDBTおよびDBTアルキル誘導体の効率的な脱硫が可能なことを確認した。すなわち、耐熱性の新規な脱硫遺伝子資源として bdsABCが有用であることを明らかにした。さらに、新規なシャトルベクターを構築して M. phlei WU-F1にbdsABCを導入し遺伝子コピー数を増大させることによって、DBT脱硫比活性を原株の約2倍に増大させることに成功した。

サリチル酸誘導体の生産を目的とした新規な生体触媒の開発とバイオプロセスへの応用

2005年度

研究成果概要: 現在、産業上有用な芳香族ヒドロキシカルボン酸は有機化学的合成法により製造されているが、反応に高温高圧を要することや副生物との分離精製に複雑な過程を要することが問題点とされている。すなわち、多大なエネルギーを必要とし環境への負荷が... 現在、産業上有用な芳香族ヒドロキシカルボン酸は有機化学的合成法により製造されているが、反応に高温高圧を要することや副生物との分離精製に複雑な過程を要することが問題点とされている。すなわち、多大なエネルギーを必要とし環境への負荷が大きいことが未解決のままにされている。一方、サリチル酸は芳香族ヒドロキシカルボン酸の代表的化合物で、解熱鎮痛薬であるアスピリン(アセチルサリチル酸)をはじめ各種医薬品の合成原料として重要であり、最近ではサリチル酸誘導体に血行改善作用や一部のがんに対する抑制効果が見出されたことから需要が高まっている。しかし、製造法はKolbe-Schmidt法に基づくフェノールに対する二酸化炭素固定によるもので、前述の問題点を抱えている。したがって、サリチル酸の生産プロセスを例として、常温常圧で副生物のない新規な合成法を考案することは、芳香族ヒドロキシカルボン酸の製造法のみならず化学工業プロセスに共通する問題点を解決する端緒となるにちがいない。そこで、本研究では、サリチル酸の生産を目的として酵素等の生体触媒を利用した新規なバイオプロセスの開発を目的とした研究に着手した。 筆者らは、フェノールの2位炭素(o-位)に二酸化炭素を位置選択的に固定する酵素を探索し、常温常圧条件下でのサリチル酸の選択的生産を可能にすることを目的とした研究を行った。既往の酵素にはこのような活性は見出されていなかったため、自然界から新規酵素を探索することとした。目的とする酵素の発見には、生成物としてのサリチル酸と基質としてのフェノールに関する定性および定量分析法が必要とされたためHPLCを利用した分析法を確立した。また、キノン系色素を利用した方法を採用し、微生物の培養液や酵素反応液など多検体の試料溶液に対してサリチル酸を容易かつ鋭敏に検出することを可能とした。これらを通して、広範な酵素の探索に対応しうるスクリーニング系を構築した。筆者らは日本各地から約500種類の土壌などの試料を収集し、フェノールからサリチル酸を選択的に生成する活性を初めて真核微生物に発見した。さらに、酵素の精製を通してこの活性が単一の酵素によるものであることを明らかにして、世界で初めて酵素によりフェノールからサリチル酸を選択的に生産することに成功した。また、休止菌体(あらかじめ培養した菌体)を生体触媒として利用する方法により、フェノールからのサリチル酸の選択的かつ効率的な生産を可能とした(注:特許申請に該当する内容もあり、微生物の具体的な属種や生産効率と生産量についてのデータを省略)。また、別種の酵素を利用して、サリチル酸誘導体としてのγ-レゾルシン酸の生産にも成功した。以上を通して、サリチル酸誘導体の生産を目的とした新規なバイオプロセスの基本型を開発した。

進化分子工学を利用した新規な可逆的脱炭酸酵素の開発とバイオ生産プロセスへの応用

2007年度

研究成果概要: 本研究では、申請者らが発見した新規な酵素を利用した可逆的脱炭酸酵素を利用したバイオ生産プロセスの開発に関する研究を進めた。可逆的な脱炭酸酵素として、申請者らはgamma-レゾルシン酸デカルボキシラーゼを取得しているが(Bioch... 本研究では、申請者らが発見した新規な酵素を利用した可逆的脱炭酸酵素を利用したバイオ生産プロセスの開発に関する研究を進めた。可逆的な脱炭酸酵素として、申請者らはgamma-レゾルシン酸デカルボキシラーゼを取得しているが(Biochem. Biophys. Res. Commun., 324, 611-620, 2004)、当該酵素(以下Rdcと称する)の遺伝子をクローニングし、大腸菌を宿主として大量発現することに成功した。Rdcをコードする遺伝子に関してその機能を検証するため種々の部位に改変を加え、酵素機能の改変との関連性について検討した。その過程で、His164とHis218をAlaなどの他のアミノ酸に置換すると脱炭酸活性と炭酸固定活性の両者が消失するため、His164とHis218の2つのアミノ酸残基がRdcの活性発現に必須なことを見出した。また、数箇所のアミノ酸の改変により活性の向上や一部機能の改変が可能なことを明らかにした(注:知的所有権保持などの観点から詳細省略)。また、Rdcをコードする遺伝子を保持する大腸菌を最適条件下で誘導剤IPTGを添加して18 h培養することによって、Rdc活性として 0.39 unit/mgの組換えRdcが得られた(活性の表示は可溶化タンパク当たりの比活性として表示)。これは、原株Rhizobium radiobacter WU-0108によって得られるRdcの活性と比較して約4倍に相当し、組換えRdcの単離精製も容易に行えることを確認した。つぎに、組換えRdcを精製したり無細胞抽出液を調製せずとも、当該大腸菌細胞自体を「組換えRdcを保持する生体触媒」として利用しgamma-レゾルシン酸生産が可能なことを明らかにした。そこで、組換え大腸菌をOD 40(乾燥細胞量として 26 g dry-cells/L)となるように反応溶液中に分散させ、gamma-レゾルシン酸生産の生産試験を行った。変換効率を重視した最適反応条件下では、7 hの反応時間で20 mMのレゾルシノールから8.8 mMのgamma-レゾルシン酸を生産することが可能で、モル変換効率は 44%に達した。生産量を重視する反応では、16 hの反応時間で70 mMのレゾルシノールから26 mMのgamma-レゾルシン酸を生産することが可能であった。以上より、研究室レベルでのgamma-レゾルシン酸生産バイオプロセスの構築に成功した。gamma-レゾルシン酸は機能性高分子化合物や医薬品の原料として大きな用途がある。また、当該バイオプロセスを利用して多種の芳香族ヒドロキシカルボン酸を生産することも可能である。さらに、反応に利用した組換え大腸菌の細胞は遠心分離(6,000 X g, 30 min)で反応液から用意に回収することが可能で、少なくとも5回までは再利用が可能であり、バイオ生産プロセスの利用において大きな特色と考えられる。一方、本研究を通じて、自然界から単離した真核微生物にサリチル酸デカルボキシラーゼを発見した。本酵素も芳香族ヒドロキシカルボン酸の生産に利用可能で、バイオ生産プロセスへの適用性も見出している。

クロコウジカビの胞子をモデルとした細胞内酸化ストレスの1細胞定量的モニタリング

2007年度

研究成果概要: クロコウジカビ(Aspergillus niger)の胞子(分生子)は単細胞かつ1倍体の単核であり、非栄養条件下ではそのままの形状を維持する。一方、栄養条件下では発芽し、多細胞かつ多核の菌糸を形成し成長を行う。したがって、クロコ... クロコウジカビ(Aspergillus niger)の胞子(分生子)は単細胞かつ1倍体の単核であり、非栄養条件下ではそのままの形状を維持する。一方、栄養条件下では発芽し、多細胞かつ多核の菌糸を形成し成長を行う。したがって、クロコウジカビの胞子は形態的な変化や分化を観察可能な極めて有用なモデル細胞と考えることができる。申請者は、このクロコウジカビの胞子を利用した細胞内酸化ストレスの定量的モニタリング系の開発を目的として、本研究ではシアン非感受性呼吸系を構成する酵素alternative oxidaseおよびその遺伝子(aox1)を素材とした蛍光顕微鏡下での非破壊的観察を可能にする実験系を構築した。まず、クロコウジカビのaox1破壊株DAOX-1株を作製し、alternative oxidaseの活性が消失していることを確認した。つぎに、aox1のプロモーターの下流にaox1とegfp(緑色蛍光タンパク)の融合遺伝子を連結し、これをDAOX-1株に導入してAOXEGFP-1株を作製した。胞子を接種して栄養条件下に置き成長させたAOXEGFP-1株の菌糸では、alternative oxidaseの活性が検出され、EGFPによる緑色蛍光がミトコンドリアと同位置に観察されることから、融合遺伝子aox1-egfpが発現していることを確認した。以上より、aox1の発現に関して、alternative oxidase活性とEGFPの緑色蛍光をマーカーとして追跡可能な実験用菌株の作製が可能なこと、その代表株としてAOXEGFP-1株が利用可能なことを明らかにした。しかし、菌糸は糸状の多細胞で老若細胞が混在することから、aox1の発現を経時的にあるいは定量的に測定することが困難であった。一方、AOXEGFP-1株の胞子について試験したところ、未発芽な状態でもEGFPの蛍光が観察され、胞子懸濁液についてalternative oxidase活性やシアン非感受性呼吸活性が検出された。これは、胞子の状態でaox1の発現あるいはシアン非感受性呼吸活性が検出された初めての成果である。 さらに、解析ソフトで1胞子ごとのEGFP蛍光量を計測し、100個以上についての測定値を平均することで定量的で再現性のある1胞子当たりの蛍光量を測定することを可能にした。また、非栄養条件下で胞子懸濁液に種々の酸化ストレスを与えることや抗酸化剤(酸化ストレス緩和剤)を添加することを行い、EGFPの蛍光強度とシアン非感受性呼吸に相関があることを明らかにした。1細胞ごとに区画してEGFPを指標としたaox1の発現を定量的に計測することや経時的に変化を与えることでEGFPの蛍光強度が変化することを明らかにして、細胞内の酸化ストレスをモニタリングすることが可能なことを明らかにした。以上を通して、クロコウジカビの胞子をモデルとした細胞内酸化ストレスの1細胞定量的モニタリングに成功した。今後は、本実験系を利用して種々の酸化ストレスに関する細胞の応答を簡便に試験することなどが可能になると考えている。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
有機化学B先進理工学部2019春学期
有機化学B  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019春学期
応用化学基礎演習C先進理工学部2019春学期
応用化学基礎演習C  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019春学期
生物化学先進理工学部2019秋学期
生物化学  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019秋学期
有機化学実験先進理工学部2019秋学期
有機化学実験  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019秋学期
応用化学実験I先進理工学部2019秋学期
応用化学実験I  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019秋学期
応用化学総論先進理工学部2019春学期
応用化学総論  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019春学期
物理化学実験先進理工学部2019春学期
物理化学実験  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019春学期
応用化学専門演習先進理工学部2019秋学期
応用化学専門演習  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019秋学期
工業化学実験I先進理工学部2019秋学期
工業化学実験I  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019秋学期
卒業論文先進理工学部2019通年
卒業論文  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019通年
工業化学実験II先進理工学部2019春学期
工業化学実験II  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019春学期
酵素工学先進理工学部2019春学期
酵素工学先進理工学部2019春学期
上級生物化学先進理工学部2019春学期
Field work in Research Institutions and Industry先進理工学部2019集中講義(秋学期)
Graduation Thesis A先進理工学部2019秋学期
Graduation Thesis B先進理工学部2019春学期
Current Topics in Chemistry先進理工学部2019春クォーター
Current Topics in Chemistry [S Grade]先進理工学部2019春クォーター
修士論文(応化)大学院先進理工学研究科2019通年
Research on Applied Biochemistry大学院先進理工学研究科2019通年
応用生物化学研究大学院先進理工学研究科2019通年
Advanced Biochemistry大学院先進理工学研究科2019春学期
生物化学特論大学院先進理工学研究科2019春学期
微生物バイオテクノロジー特論大学院先進理工学研究科2019春学期
応用化学特別実験大学院先進理工学研究科2019通年
特定課題演習・実験大学院先進理工学研究科2019通年
応用化学研究倫理大学院先進理工学研究科2019集中講義(春学期)
応用化学研究倫理大学院先進理工学研究科2019集中講義(春学期)
Seminar on Applied Bioscience A大学院先進理工学研究科2019春学期
生命工学演習A大学院先進理工学研究科2019春学期
Seminar on Applied Bioscience B大学院先進理工学研究科2019秋学期
生命工学演習B大学院先進理工学研究科2019秋学期
Master's Thesis (Department of Applied Chemistry)大学院先進理工学研究科2019通年
応用生物化学研究大学院先進理工学研究科2019通年
実践的化学知演習A大学院先進理工学研究科2019通年
実践的化学知演習B大学院先進理工学研究科2019通年

教育内容・方法の工夫

最適な講義方法の選択

2000年-

詳細

概要:受講人数あるいは使用教室などの規模に応じて、最良の教育効果が上がるように講義方法を変えている。プリント配布とパワーポイントの併用および試問(200名以上の教室)、板書とプリントの併用および試問(100-150名)、板書と教科書および質疑応答(50-100名)、教科書を使用したゼミナール形式と個別の口頭試問(20名以下)、など最適な講義方法を考えて実施している。講義内容には最新かつ身近な事例を盛り込むようにしている。

その他教育活動

授業評価への対応

詳細

概要:アンケートなどによる授業評価については毎年度検討し、講義方法あるいは講義内容がより良いものになるように取り組んでいる。